チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

那珂湊港すごい!  【baomi】

8月11日(金) 

仕掛け シーバスロッド+テキサスリグ+シャッドテールのワーム

思い起こせば今週のはじめ、2chi氏と会社で立ち話をしたのが始まりだった。
「台風近づいてきていますね。海が荒れるとサカナが湾内に入ってくるんですよね」と2chi氏。
「逃げてきた小魚を追って入ってくるんですよね。ヒラメとかが。」もう2chi氏のこの言葉で早くも私の脳みそは溶け出した。

ヒラメだヒラメだ。

気合が入り、会社帰りに海ルアーの雑誌を購入。出張中にでも読もうかと家でパラパラめくっていると、なんとそこにも台風後のヒラメ爆釣の記事が。
これはもう神の思し召しだ。


出張から帰ってきて翌日海へ。
気合を入れてキャストを繰り返すもまったく反応無し。
まわりの釣り人はほとんどがイシモチ狙いの投げ釣りかアジ狙いのウキ釣りばかり。
なんだか私は浮いてないかい?なんて思い始めて早1時間。やはりアタリは皆無。

そのうちどう考えてみても釣れる気がしなくなってきた。
考えてみれば台風が過ぎてから時間も経っているし、いい加減湾内にはいないのでは?
そう思いはじめてすぐに外洋に面している堤防の先端に移動。

アジ釣りのおじさん方に混ざりルアーを投入。底を丹念に引いては止めて、引いては止めてしていると。非常にかすかなアタリが。
でも全然食ってこない。
ヒラメよんじゅうヒラメヨンジュウと呪文を唱えて早合わせの衝動を抑えて待つこと数秒。
突然竿が絞り込まれた。

ちょっと驚いてしまうほどの引き。一瞬根ガカリかと思ってしまうほど。
網を持っていない私は強引に引っこ抜いて、出てきたのは40センチ弱のヒラメでした。
d0078105_16303937.jpg


その後もアタリは感じるが乗せることできず。バラシも一回ありました。
今回は3時間ほどの釣りだったので仕方ないけど、もっとちゃんとやればあと数匹は行ける気がする。

家に帰り、早速ヒラメを5枚におろし、おいしいムニエ~ルにして食べました。
これがまた絶品の最高の究極の味。おろしているそばからつまみ食いしたエンガワもプリプリでいい感じ。
d0078105_22471576.jpg


ヒラメ狙いは今後予想以上にはまりそうです。

釣果 ヒラメ 1匹
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-12 16:43 |