チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

カテゴリ:河口( 4 )

動く根  【baomi】

11月28日(水) 日立沖提 久慈川河口

渡船券を買うと既に35番。
2番船で渡ると釣り人がそこかしこに陣取っている。内訳は蛸釣り師とカレイ狙いの餌釣り師が半々か。ルアーマンは私含めて5名ほど。その中でもゆっくり底を小突いているのは私ぐらいのものだった。
外洋ではジグをしゃくって朝方サバが掛けている人や、イナダがヒットさせている人を目撃した。

しかし今日はガマン。

内側ではアジやキスを釣って、それを餌にヒラメ狙いに順次展開していく方々も見受けられ。潮もクリアで風も無い。穏やか過ぎるベタナギがちょっと気に食わないが、それは贅沢すぎるというもの。期待大。可能性大。この環境が心弱き私をガマンへいざなってくれる。

・・・
4時間後ギブアップ。キス餌の方々もエイばかりでヒラメの姿は見当たらず呆れ顔だった様子、とのこと。
午後は予定があるので、早めに沖提から退散し、やり残しの宿題にしたくない河口へ転戦した。

先ほどの沖提は潮温15,5℃。場所が変わって河口は12℃。川水の影響による違いを確認し、「なるほど」と頷きながら釣行開始。

2時間竿を振り続けたがまったく反応なし。何もなし。
しかし、奇妙な光景を見かけた。そして釣った。

岸壁を移動していくと足元の河口の一部に、突然巨大な根が登場。曇りで光が少なく見えづらいが、足元から沖に向かって10m、横幅30mの大きな黒い根が突然広がっていた。
「こんなところに根なんてあったっけ?濁りが無いうえに、潮が引いたから見えるのか?」
と一瞬思ったが、よく見ると根は動いている。ゆ~っくり動いている。ジワジワと広がったりまとまったり。ただし広さは50畳ほどとかなり巨大。
私のルアーが遠くの砂地の底を小突きながらこちらに向かってきている。そろそろこの黒いエリアにたどり着いた頃だ。とその瞬間5インチのエコギアは総攻撃を食らい引っ切り無しに引っ張られる。
一丁前にルアーが走り出すことすらある。しかし上げてみるとルアーは無傷。フグじゃないのね。

なぞの解明を目指し、もう一度挑戦。同じもみくちゃ状態の時に試しにアワセを入れてみると一発でガツンとフッキング。

キリキリとガイドとラインが擦れる音。竿も素敵に曲がっている。
おおおお!結構引くじゃないですか。竿がやわらかいので楽しめる。

水面に出てきたのは20センチ強のいい感じのイシモチ。しかしスレ掛かり。スレなので引きが豪快だったのね。残念ながらイシモチさんは引き上げ途中でバレてしまった。

ということはこれ全部イシモチ。イシモチ50畳。
その後ルアーがそこを通過する度にイシモチが釣れてしまう。アワセなんてしなくても釣れてしまう。
型がいいものであれば食べて美味しいイシモチなので嬉しいが、これが困ったことに10センチ強がほとんど。これではちょっと虐殺的だ。釣りを諦めて納竿。

イシモチの大量発生。イシモチに詳しくないので、異常なことなのか毎年恒例のことなのか定かではないがこれも何かの影響に見えてしまう。
今年は蛸が当たり年だという、沖提の常連さんの中には今シーズン360杯を上げた方もいる。
ここまで来ると当たり年という表現を超えて、「異常発生」という方がふさわしいのではないだろうか。なんて考えてしまう。

ヒラメはいる。いるが餌が豊富すぎるのだ。私のルアーを横目でチラリと見た後に鼻で笑って、げっぷをし、イシモチ50畳の真ん中で食事の後の昼寝をしているのだ。
さぞ白身の食事に飽きていることだろう。赤身のルアーでも投げてみようか。

そういう都合のいい空想をして心を慰め、帰路に着いた。
d0078105_15314230.jpg


釣果イシモチ 2匹
[PR]
by team-gyoshin | 2007-11-29 03:30 | 河口
11月14日(水) 久慈川河口
文:baomi

「日の出の時間に現地で待ち合わせしましょう。」
と約束し、今回はgattyoさんと釣行。
お互い日の出よりずいぶん早く到着し、必然的に日の出前からしっかりと釣行となりました。

d0078105_1662398.jpg


昨日までのウネリが若干残り、河口にも形のいいエネルギッシュな波が入り込んでいく。
いつも沢山いるサーファーがこういう日に限って少なく、日頃波待ちに時間をかなり費やしているように見える彼らも不運なんだなぁ、とサーフィンをしたことの無い私は魚の釣れない自分と照らし合わせて勝手に納得していた。

この頃、シーズンが過ぎたイシモチの型は小さくなってしまったらしく、イシモチ師たちの数も少しずつ減ってきたようだ。

朝日と波しぶきに洗われた堤防上からルアーを投げ込み波と複雑な河口の流れを感じながらルアーを泳がせる。
今回から投入のパラマックス5インチ。gattyoさん実績のルアーで心強い。
相変わらず底にはゴミが多い。ゴミのたまっていない所を選んで通す。

そしてまだ朝日が色づいているころに

「 コン コン 」
おおおおお~この感じ!
と思う間もなく一気にテンションが掛かり、アワセを入れるとしっかりとした手ごたえが。。。

魚だ。魚だ。

引きはそう強くないが、紛れもなくヒラメ!緩めのドラグも鳴かないがこの引きはやはりヒラメだ!

とうとう
とうとう来てくれたのですね。私のところに。

水面に移った細身の姿に一瞬マゴチかと思ってしまったが、しかしやはりヒラメ。

気がつくとgattyoさんがタモを持って駆けつけてくれた。
そしてバラシ病重症患者の私を看病してくれるが如くしっかりとタモっていただいた。

興奮というより、なぜか安堵な気持ちでジンワリとした嬉しさが湧き出す中、体長を計ってみると38センチ。
ヒラメ未満でソゲだが、でも嬉しい。

d0078105_167598.jpg


釣行始まってすぐの幸せに気を良くし、その後河口ランガンから始まり、新堤防へ。そしてまた河口へ。
さらに良好な雰囲気を求めて沖堤防へ。
超高速瞬間移動的ランガンを行ないたどり着いた沖堤防の潮は、いつぞやを思い出す釣れない時の“にごりカラー”。
釣れる経験値は少ないが、自信を持って釣れないと言い切ってしまう経験値は在庫が豊富である。

やっぱり河口かな。

というところで私は所用のためにタイムアップ。
今日はしっかりやれば釣れる気がする日なのに帰らねばならぬ。波がある時にそこにいないサーファーと釣れる気満々でも帰らねばならない自分をまたもや勝手にダブらせる。

帰りのクルマの中でgattyoさんから「ヒラメ50オーバーをバラす!」のニュースが届く。その後も数発の痛恨のバラシをくらってしまったとのこと。


あ~残念。。。
しかし完全ボウズを繰り返してきた私から見ればしっかりと口を使わせるところはさすがの一言。技術者だなぁ。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-11-15 02:52 | 河口
前編からの続き

久慈川河口に到着。後悔しないようにラインシステムを組みなおす。
ヒラメマゴチの装備だけを持って釣り場まで移動。驚いたことにイシモチアングラーが数多く竿を出しており、場所を選べる余裕はほとんど無し。空いているところを探してキャストを始めた。

少し投げて底の状態がすぐにわかった。底にはおびただしい量の草や藻類がゴミとなっている。上流から流されてきて、ミネラルに戻ろうとしているそれらの草は、ネガカリさせるようなことは無くルアーに引っかかって動きを止める程度の邪魔をする。
最初の10数投は毎回のゴミで釣りにならなかった。

繰り返しているうちにコツが身につき始めた。川を輪切りにすると真ん中が盛り上がり、手前の岸壁が深い絵となる。それらを想像しながら、うまい具合に着底せずに底ギリギリから1mぐらいまでを泳がせることができ始めた。
足場が水面から6m以上の高さにあるためルアーを浮かせるのは比較的楽だが、風と河口独特の流れが思い通りに釣りをさせてくれない。

もういい加減釣りたい。釣りたいのである。そう思うと集中力が湧いてくる。

空いている場所を探してはキャストすることを繰り返す。その場その場で地形は違うのでゴミをつけない釣りに到達するまで集中して実験を繰り返し、納得するとまた移動。
その繰り返しを続け、他の釣り師がいないところに来た時、突然の反応が起こった。

30㍍あたりに水中が盛り上がって馬の背状態になっているところがあった。ルアーがその頂に近づく瞬間がねらい目と確信し、その向こう側にルアーを投げ込み頂上目掛けて引いてくる。何度目かの挑戦でルアーが引っ張られた。突然ルアーが動かなくなってしまった雰囲気は私に根掛かりかと思わせた。その結果激しいアワセというよりも少しノソーッとしたアワセになってしまい、一瞬ギュンとロッドがしなったところでルアーが開放されてしまった。

あっ!と思うと同時になぜか冷静に、それ以前と同じ調子で再度ルアーを引き始めることができた。
そして、来い!と思うまもなく、またルアーが引き込まれたのだった。
今度はアワセをして戦闘開始。最初、単に重くのそのそしていた反応がすぐにガツガツとしたパワフルなものに変わった。そしてまだ沖に20メートル以上はあろうかという馬の背の頂上で突然水面に姿が上がった。頭をこちらに向けてルアーのブレードが光るのが見える。
ヒラメである。しかもいい型だ。慎重に行こう。

まさにその刹那。
ヒラメが反転したのだろうか。

竿が軽くなった。強烈に引っ張られていたルアーが水面で開放され、一気に20㍍以上を吹っ飛んで岸壁に叩きつけられた。

終わった。

いまいち何がなんだかわかっていない。
少し離れたところにいる周りの釣り人を見てみる。
イシモチ釣りの人は一段下にいて水面は見れない。誰もこちらのドラマに気づいていない。
それでいい、それで。

へたりこんだ。
堤防の上で座り込み水面を見続けた。
ルアーには今までで最高の歯型が残っており、直接的に未練を誘ってくる。
夢では無い証拠が変に「満足するように」と促してくる。


独り言を言う気にもなれない。

なんだよまったく。

やっちまったぁ。

あ~あ

疲れた。


意図的に独り言を言って帰路に着いた。

d0078105_16163281.jpg


d0078105_16185189.jpg
←おそらく一回目の噛み付き跡と思われる。後ろには引っこ抜けた時の傷が縦にテールまで伸びていた。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-09-28 02:48 | 河口
河口でシーバスがあがっているという情報を聞き、

いてもたってもいられなくなり

2時間ばっかり釣行してきました。

先日のヒラメ君のこともあり、なんとしてもかかったときの感覚を取り戻したくて・・・。


那珂川の河口には、橋げたからの光がさし込み、波が穏やかなこともあって

キラキラと水面を照らしていました。

そんななか、若い男女グループが早くも「ピュー   ・・・    バン!」とか花火なんかやっちゃて「ウキャキャウキャキャ」と楽しそう。それはそれでよいのだが。


おれは 釣りだ・・・   悪いか!


雰囲気台無し、やれやれだぜ っといったところ


今日はやけに メンタル 落ち着いてました。

っというわけで 一匹 ゲット!
d0078105_1402943.jpg



メンタルの強さも何も関係なく、テクも何も関係なく、

自分の器を知りました。

d0078105_1405831.jpg

初めてです。ルアーで2cmの魚掛けたの(T_T)
[PR]
by team-gyoshin | 2007-05-17 01:42 | 河口