チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

カテゴリ:雑談・その他なんでもOK( 26 )

あけましておめでとうございます。
皆様の健康・安全・爆釣祈願をお祈りしましてご挨拶とさせて頂きます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

去年を振返ってみると、散々な結果でした。
一番は伊勢えびだと思い釣り上げた魚はペットボトル事件ですね。
新加入早々、マリリンには驚かされました。

でも、ジェロがメバル、サバ・アジ祭り、toy&マリリンがロックフィッシュ爆釣などサイズ的には大きくありませんが数を釣った年でした。平均15cmぐらい…。

2011年はサイズ(平均30cm)数(年間100匹)を目標にしたいと思います。
年間20回の釣行で、各日5匹の条件です。いろいろと忙しい生活をしているメンバーにとっては過酷な試練かもしれません。が!!!!!釣りへの情熱を今一度盛り上げる為に勝手に決めさせて頂きます。
では、ここで
「我々team-gyoshin一同は、日頃の薀蓄を存分に発揮し、サイズ&数をアップさせていくことをここに誓います」
2011年1月4日。team-gyoshin代表 五平。

2011年はどんな年になるのかなぁぁぁぁぁ。
楽しみだなぁぁぁぁぁ。
ではでは、2011年良い年でありますように。
ナイスポインツ!!!!!
[PR]
by team-gyoshin | 2011-01-04 11:03 | 雑談・その他なんでもOK
2009年はいいことが無かった気がします。
私自身、厄年ということもあり、何かとすべて厄年のせいにしてきました。
しかし、今年も今日でおしまい。

今年は海で初ヒラメ。管釣りへのハマり。
この二つが大きな振返り。
特に管釣りには、ハマってしまいロッド・リールを2セット新規購入してしまいました。
d0078105_15305824.jpg
d0078105_15311568.jpg
d0078105_15312764.jpg
そして!!!!!
たまたま管釣りに行った場所で撮影をしていて、しばらくして雑誌を読んでいるとその記事が
載っていました。そこにはなんと、私が写っていたんです。
わかりますか???
d0078105_15331812.jpg
雑誌デビューを飾りました。

来年はどんな年になるのかなぁ。
期待を膨らませている今年最後の日。
ではでは来年もよろしくお願いします。
[PR]
by team-gyoshin | 2009-12-31 15:35 | 雑談・その他なんでもOK
もうどのくらい前になるだろうか・・・・・
出刃包丁買ったの・・・
「これでどんな魚も俺がさばいて見せるぜ!」っと家で豪語したものの・・・
その後は台所の包丁入れに納められたままだ・・・
さびなくて万歳!ってそんなことは言ってられない・・・
このままでは俺が裁かれてしまう!
「どうなってんのこの包丁!いつになったら使うの かっ  なーーーーーーーーー ?」って
というこのごろですが、気温が高くなってきたので、魚もこっちを振り向いてくれるはずだし
だめでも買えばいいし・・・^^;
それにそなえて本屋でこんなの買っちゃいました。
DVD付きのNHKのテキスト。中身はたいしたことなさそうなのですが
なぜかDVDに釣られてしまいました。
d0078105_19303394.jpg


やべ・・・フッキングされちまった・・・こづかいが減ったぜ!

まっいいか 

帰ったら案の定 「 また そんな本買ったの? 必要ないのにーーーーーーーー」

えーーーい!!! 
しょうがない以前にも同じような本2冊くらい買ってもうてるから・・・

あっ もちろんDVDつきじゃないよ。ついてたらスレて買わないからさ

                                       (toy記)
[PR]
by team-gyoshin | 2009-03-06 19:33 | 雑談・その他なんでもOK

d0078105_15284868.jpg

                  ↑往年の“釣りの友”達


釣りに行く時間がありません。
釣り道具を買う金もありません。

時間が無いのは、一時のことだろうと割り切って。
金が無いのは一生のことだろうと割り切って。

今やれることやってみよう。古いリールを直してみよう。
他人にとってはガラクタだけど、私にとっては宝物。

今からウン十年近く前。小学生のときに小遣いで買ったリールたち。
レストアしたくて分解してみると、ベアリングやらストッパーらしき棒やらが
完全にイカれていたのでした。
早速、部品取り用に同じリールをネットオークションで購入。

買ってみたら自分のより数倍キレイ。

得したような、困ったような。。。


d0078105_15321045.jpg

                  ↑この時代と言えばロココ調。
                   彫金のような装飾が心を掴みます。
[PR]
by team-gyoshin | 2008-05-14 01:24 | 雑談・その他なんでもOK
第2弾です。
我が社を巣立っていった優秀な彼女は以前私にこんなプレゼントをくれたことがあります。
それはとてもかわいらしく、そしてそこはかとなく恐怖を感じさせるものでした。

↓かわいいピンクのヒラメキーホルダー!
d0078105_1971469.jpg





↓しかし裏返すと・・・なんとヒラメキティ!!
d0078105_1982070.jpg



県の魚がヒラメである茨城県ならではのご当地キティ・・・
しっかりタグには「県魚ひらめ」の文字が誇らしげに輝いており、
キティの腹部には江戸書体の「茨城」が力強く主張しております。


・・・ で、でも・・・

じっくり見るとまるで超座布団ヒラメ(もはやHalibut(オヒョウ)か?) に体を乗っ取られた妖怪キティのようでちょっと怖い。。。
キティがつぶらな瞳で助けを求めているようにも見えなくもないのである。

しか~し私はこのけったいなキーホルダーにはバクチョウお守りとして、ちょっと恥ずかしいけど釣行には毎回同行してもらっています。

仕事のことなんかそっちのけで、マズメと満潮の時間と水温とイワシの接岸情報と釣行前日の天気と釣行当日の風向きと波の高さと次使うルアーカラーとジグヘッドの重さをいつも気にしていたアホアホ海水漬けフジツボまぶし上司としての私は、こういうお土産をもらえる会社の人間関係はまぁいいことなのだろうと勝手に思うのでした。
[PR]
by team-gyoshin | 2008-03-20 19:13 | 雑談・その他なんでもOK

別れの季節 【baomi】

花に嵐の喩えもあるさ
さよならだけが人生だ。

そんな言葉の通り、今年は会社の後輩の女性が自らの夢のため退社を決意し、世界に羽ばたいて行ったのでした。

そんなワールドワイドな彼女が私にくれた送別の品はこれ↓
d0078105_0252954.jpg


靴下です。大漁旗デザインの。。。

なんと素晴らしい優しさ!日頃仕事中に潮汐表を見せてその日に有給休暇をとる理由を半ば強制的に語っていた甲斐がありました。

この勝負靴下を履いてヒラメハンティングに出かけたいです。
ああ釣り行きてぇ~
[PR]
by team-gyoshin | 2008-03-18 00:30 | 雑談・その他なんでもOK
d0078105_9191684.jpg

[PR]
by team-gyoshin | 2008-01-01 09:19 | 雑談・その他なんでもOK
11月7日(水)
文:baomi

d0078105_107199.jpg


今日はmisfish-toy氏と私は仕事で出張。
信州北アルプスは白馬へと参りました。長野オリンピックの会場になった“日本の屋根”の白馬です。
高速を降り、久々の信濃路に連なる盆地と稜線の紅葉を眺め、深まる秋の気配と近づく冬の証に吐息の連続です。
この頃目線は「海、海、海」が中心の我々ですが、目に飛び込む渓谷の瀬、渕、ダム湖もやはり捨てがたく、あそこはヤマメが居そうだな、水面を広く眺めていればどこかでライズが起こらないかな?なんて他の同僚には気づかれないように熱い視線を車窓の外に投げかけるのでした。

午前の仕事をきっちりと行い、昼時に一軒のお土産屋に立ち寄りました。
白馬といえばもちろん観光地。しっかりとしたお土産ラインナップが揃っております。近頃は北海道のニセコと並んでオーストラリア、ニュージーからの観光客獲得に成功し、新しい観光産業の形を成立させ始めている熱いエリアです。
たしかに白馬の大雪渓から流れ出る松川は、バックに日本離れした鹿島槍ヶ岳を借景にして、流れ出る透明な水と標高の高さを感じさせる河原の石の雰囲気によって、本場ニュージーやカナダの景色に引けを取りません。

ここは日本の山の代名詞的な場所だな。
と、感慨にふけりながら日頃の海ルアー思考回路を完全に停止させ、会社の同僚への北アルプス土産を探しておりました。

白馬まんじゅう、クッキー、せんべい、そば、野沢菜、山菜、きのこ、地酒・・・。
会社の方々向けに当たり障りのないものを、と選んでいると、misfish-toy氏がひとり声を殺して、しかし興奮を抑えられずに私を呼んでいます。

「baomiさん!すごいよ。 なんでだ? こっち!」
ただ事ではありません。

お土産屋の中を早足で移動し、その現場を確認しました。
店の奥に向かってクッキーコーナーを越え、地酒コーナーを越え、180度反転して隠れた棚を見ると、そこにはなんと全く突然にそしてマッタク脈絡もなく「シーバスコーナー」が出現したのでした。

?????! ??!?

これはどういうことなんだ?
imaの製品を中心に、びっしりと無数のミノーが掛かっています。
2枚の90オーバーのシーバスを持ったブツ持ち写真もしっかりとディスプレイされ、お店のやる気も感じられます。
釣りを知らない同僚が、その写真を見て「ここでこんなの釣れるのですか?」と致し方ないですが突拍子も無い質問を投げかけてきます。
「いや、この辺はヤマメ、イワナのはずだよ。これは海の魚のスズキです」と普通に説明をしながらも、まずは私の頭の混乱を沈静化させるのに全力を傾けました。

この突然の出会いに仕事中の私とmisfish-toy師は自分へのお土産を買ってしまいました。
もちろんここでしか売っていないものではありません。
しかし、「白馬ルアー」は今後愛着が湧きそうです。我々の釣りのスタイルで出番の少ないミノー類だともったいなく、ジグヘッド類では消耗品過ぎてあっけないので、しっかりと出番があり、大切に使えるジグにしました。「GUN吉30g」です。

お土産屋のご主人と話をすると、白馬から日本海へは50kmを切り、通える距離とのこと。
日頃の私の海通いの距離より断然近いことに驚きました。関東に住んでいる私にとって日本海はイメージされておらず、誠に勝手ながら通り抜けが出来ない山の奥地というイメージを作り上げておりました。
こういうところにも人の固定観念の頑固さを感じます。

海との距離は近くとも、そこは住民はやはり山の民。海ルアーが趣味の方は少なく、店も無い。道具を買うには松本まで行かねばならない。それは不便なので自分の店で仕入れてしまった。という顛末の様。

この出来事が、我々二人のこの日の仕事へのモチベーションを劇的に向上させたことは言うまでもありません。

d0078105_108475.jpg

↑白馬でGUN吉!
[PR]
by team-gyoshin | 2007-11-08 07:55 | 雑談・その他なんでもOK
ほぼ末期症状になりつつある。この灼熱の毎日に陽気に釣りに行きたいのだが、様々な事情が絡み合い竿を振る時間を捻出できないでいる。

釣果情報も海中が完全に夏の世界になっていることを伝え、青物や太刀魚などの季魚たちが「今が旬だよ」と熱心に誘ってくるのである。
でも行けないのである。
末期症状は恐ろしい。あまりの苦痛に、素直に「釣りに行きたい」と思うこと自体に恐怖感が発生し、どこか心の端の方で「釣りに行きたくないと思った方が楽だよ」と倒錯した自我までが顔を出しそうな勢いだ。

これでは釣りに行けない苦痛に耐えるために、もう一人の釣り嫌いな私が生まれてしまう。

そんな中、突然と昔読んだ開高健氏の「オーパ!」が読みたくなった。
先日misfish-toy氏との会話の中で開高さんの話をしたので、その影響と思えるが、なにか渇望するように読みたいのである。
早速家の本棚をひっくり返し捜しに探すも出てこない。彼の本は十数年前に読み漁っていたのでその時代の本の箱を引っ張り出してもどこにもいない。

誰かにあげてしまったのか?売ってしまったのか?
こうなるともう我慢はしない。直感的に「オーパ!」は釣りに行けない自分への薬であると確信してしまったのである。非常に極端に結論を言うと、読まねば釣りが嫌いになってしまうかもしれない一世一代の修羅場と言えるのだ。
早速会社帰りに本屋により、2冊目の「オーパ!」を買った。

ページをめくり、最初の言葉に深くうなずいた。
学生時代はまだピンとこなかったものだ。

「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
八日間、幸せになりたかったら一頭の豚を殺して食べなさい。
永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

さらに師の本は美しい写真が続く。どれも感動的かつ示唆的なものばかり、魚の美しさには目を見張るばかり。

そして本編突入前の一言。
「何かの事情があって
野外へ出られない人、
海外へいけない人、
鳥獣虫魚の話の好きな人、
人間や議論に絶望した人、
雨の中の釣り師・・・
すべて
書斎にいるときの
私に似た人たちのために。」


おおおおお、オーパッ! 直感的にこの本を欲したのはこのためか!

釣りに行かねば!
d0078105_11165371.jpg




追伸: 夏限定で背景を変えてみました。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-08-16 01:18 | 雑談・その他なんでもOK
那珂湊の夕焼け・・・・  

太陽に雲がかかっていましたが、空半分を黄金色に染めていた。

僕たちにかかっているどんよりとしたボウズ雲が晴れたら

輝く未来がまっているのだと言ってくれてるようだ

晴れたらきっと・・・・  

d0078105_029345.jpg



帰り道、カーラジオから

「明日の天気をお伝えします。関東地方は前線の影響で明日から天気は下り坂。しばらくは梅雨本来のぐずついた天気がつづく見込みです。九州地方南部では一時間に80mm以上の強い雨が・・・・・・(略)」



                 ・・・・・・・・・晴れねーのかよ!!


                                              (misfish-toy 記)
[PR]
by team-gyoshin | 2007-07-04 00:34 | 雑談・その他なんでもOK