チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8月25日(金)

夏は青物だ!といろんな雑誌に書いてあるので、その気になって行ってみました。
釣り人は私(baomi)とminoruの二人。
AM4時に会社で待ち合わせで向かっていると、まだ30分以上早いのに途中のコンビニにminoruのクルマが。

どうもお互い眠れなかったらしい。

AM5時。眠気を忘れ超ハイテンション釣り小僧状態で阿字ヶ浦に到着。
脇目も振らず青物に良さそうなルアーを投げ始めた。
baomi・・・赤白小型バイブレーション
minoru・・・スピンテール

周りでは数人の釣り人がいるが、1人のアジつりおじさんがコマセ撒きまくりながらなんとか数匹アジを上げている様子。

しかし我々には
なーんにも反応なし。。。
ジグやらミノーやら試してみるがなーんにもアタリがない。

二人とも心細くなり始めて、どちらからともなく“シャッドテールのテキサスリグ”を始めた。
「やっぱヒラメでしょ!!!」

しかし奮闘虚しく、成果ゼロ。アタリが二人仲良く1回ずつあったきりでした。

日が上がり、工事のおじさんたちも活動し始めてなにやら釣り禁止っぽい雰囲気になったので違う釣り場へ移動。

どこに行こうか悩むところですが、まったく悩まず那珂湊へ。
困った時のヒラメです。(贅沢!!!!)

8:30より釣り再開。
そして30分後に1匹ゲット(36センチ)!!!!!!!(baomi)
恐るべし!那珂湊。

minoruは根掛かりにやられまくりで消沈ぎみ。そして何十回目かのシカケ交換でとうとうダウン。
昨晩の睡眠不足に寝ガカリしはじめた。朝日が熱そう。

結局ヒラメ一匹で終わったけど。今回の那珂湊はかなり魚影が濃い。
以下は見た魚一覧。

・私のヒラメ
・サヨリ(10~15センチ)の大群が接岸
・正体不明の小魚(15センチ)の群れ。直径3メートルぐらいの群れがうごめいていた。黒っぽくて体高ある形。
・湾内の浅瀬に3匹のクロダイらしき魚影(20センチ)
・時折通り過ぎる5匹ぐらいのフッコの回遊
・クルマを停めている湾内に良型のハゼ

うまく攻められればいいつり出来るかも。


↓どうもすみません!いつも一緒のサカナで。。。
d0078105_7262951.jpg


















d0078105_7301562.jpg














↑今回minoruに教わり、近くのスーパーでおろしてもらった。(無料)
自分でおろしたときよりさらにうまい!!!全然ちがう!
こっちの腕も修行しようと決心しました。2chiさんヨロシク!
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-27 07:36 |

海最高!! 【minoru】

8月18日(金) 日立港・那珂湊港

baomiさんのヒラメを見たら海に行きたくなり、地元の友人二人を連れAM4:00に出発。
前日に某釣具店で海用のロッドと噂のシャッドテールを購入した私はかなりの自信に
満ちていた。

AM6:00日立港に到着。堤防に向かうとすでに人だらけ。
空いている場所で少し試したが、友人がふぐをつった。
ふぐだーーーま、まさかここにいたらbaomiさんの二の舞になるのでは・・・。
友人と話し合い実績のある那珂湊へ移動することに。

AM7:30那珂湊港に到着。baomiさんに教えてもらったポイントへ直行。
本当はテトラから投げなきゃいけなかったのだが、極度のビビリ症の私は
テトラが怖かったので、反対側の足場のいい場所で行うことに・・・。
こっち側でも釣れるのかなと思いながらも、かかんに投げまくる。
何度も根がかりし、ラインが切れ諦めようとしたが、普段開始数分で飽きてしまう友人が
がんばっているではありませんか。
諦めずにもう一度、噂のシャッドテールを付け投げまくる。
するとあたりのような感触が、んっ来たか!?
ロッドがしなる、リールも巻ける。根がかりじゃない!!魚だーーー!!
何だー?何の魚だー?
ヒ、ヒ、ヒ、ヒラメだーーーーー!!!
大きさは30cmくらい。
d0078105_7125190.jpg

海で初めて釣れた、しかも狙い通りの魚が・・・感動!海最高!

その後は、普段開始数分で飽きてしまう友人にもヒラメがヒット!!
もちろんワームはシャッドテール。すごい、すごすぎるこれははまりますよ。
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-20 07:14 |
8月14日(月)  那珂湊港 


またやっちゃいました。


海釣りをしたことのない兄が「この夏海釣りに連れて行ってくれ」と言ってきた。
彼はここ10年バス釣りにはまっているが、それ以外の釣りの経験はほとんど皆無。

日にちはお盆のど真ん中、強引にお休みをいただき、兄とその息子の甥っ子(小6)をつれて、急遽前回に続き那珂湊へ。
AM6:00より釣行開始。

しかし、着いてから問題が発生。かわいい甥っ子の口から出てきたセリフは・・・
(イソメをみるなり)「きもーい ぜったい触れなーい 餌つけて」
仕方なく餌をつけてやり、じゃぁ投げてみろと竿を渡すと・・・
投げた瞬間隣の人めがけてオモリが飛んでいく始末。(大事には至らず)
お手本と言って代わりに投げてやり、仕掛けを巻き上げろと言うと・・・
「テトラが怖くて前に行けない!」
びびって落っこちたら大変だと言ってまたまた代わりにリーリング。

餌、投げ、巻き。全部だめ。

そしてその責任を取るべき父親は私にヒラメのルアー攻略法を伝授されキャストに専念。子供のことはまったく眼中になし。

こ、これはわざわざここまで来て私はつりができないか?怒りがこみ上げてきたが甥っ子の前では顔に出さずに頑張った。

そうこうしているうちになんと兄がヒラメゲット
31センチのおいしそうなヒラメ。仕掛けはアンダーショット+ソフトベイトだった。

これで無責任な兄はさらに釣りに専念していった。

結局甥っ子でも投げられて、リーリングできるところいうことで人気のない内湾で釣りを開始。餌付けは私のまま。
「こんなところじゃ何にもつれねぇよなぁ」という気持ちを顔に出さずに、教わって以来はまっている「ボウズノガレ」をセットし、薄い希望に向かってキャストした。
そのうち甥っ子は飽き始めてカニ取りをはじめた。なんだよう。おい俺も釣りしてぇよ。あっちにはヒラメがウヨウヨいるのによう・・・。でも我慢。接待釣りと思えば営業マン全然平気。

やっと竿にかすかな反応が現れ、上げさせてみると12cmのかわいい“子カレイ”。甥っ子も満足の様子でヨカッタヨカッタ。

そんなこんなで時間はお昼前。ヒラメ一匹の兄はだいぶ満足のようすで「そろそろあがろうか?」と遠慮がちに言ってきた。
その時の甥っ子のセリフ

「(私1人だけ)釣れなかったね、アイスボックス空っぽだよ。サカナ(激小カレイ)あげようか?」

ああああああああ。テトラの間に突き落としてくれようか。
ちくしょう、つりがしてぇ!!!

ふと気がつくと、兄の姿がない。このチャンスを活かさねばと思い、甥っ子に片付けの命令をキツク言いつけ、私はスタコラと前回実績を出したあの場所、あのテトラに向かった。


そして投げること3投。突然竿は絞り込まれた。
来た来た来たぁ!!!

お盆で釣り人が多く、しかも誰も釣れている様子がない。
一瞬どよめきが湧いた。

遠くで兄と甥っ子が私を探している。
満面の笑みでヒラメを持ち帰ると二人とも大喜びだった。
d0078105_9482762.jpg














↑甥っ子カレイと31cmヒラメ(兄)と36センチヒラメ(私)

↓前回はムニエ~ルだったので今回は刺身!言うまでもなく絶品!うますぎ!
d0078105_9503450.jpg
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-15 09:53 |
8月11日(金) 

仕掛け シーバスロッド+テキサスリグ+シャッドテールのワーム

思い起こせば今週のはじめ、2chi氏と会社で立ち話をしたのが始まりだった。
「台風近づいてきていますね。海が荒れるとサカナが湾内に入ってくるんですよね」と2chi氏。
「逃げてきた小魚を追って入ってくるんですよね。ヒラメとかが。」もう2chi氏のこの言葉で早くも私の脳みそは溶け出した。

ヒラメだヒラメだ。

気合が入り、会社帰りに海ルアーの雑誌を購入。出張中にでも読もうかと家でパラパラめくっていると、なんとそこにも台風後のヒラメ爆釣の記事が。
これはもう神の思し召しだ。


出張から帰ってきて翌日海へ。
気合を入れてキャストを繰り返すもまったく反応無し。
まわりの釣り人はほとんどがイシモチ狙いの投げ釣りかアジ狙いのウキ釣りばかり。
なんだか私は浮いてないかい?なんて思い始めて早1時間。やはりアタリは皆無。

そのうちどう考えてみても釣れる気がしなくなってきた。
考えてみれば台風が過ぎてから時間も経っているし、いい加減湾内にはいないのでは?
そう思いはじめてすぐに外洋に面している堤防の先端に移動。

アジ釣りのおじさん方に混ざりルアーを投入。底を丹念に引いては止めて、引いては止めてしていると。非常にかすかなアタリが。
でも全然食ってこない。
ヒラメよんじゅうヒラメヨンジュウと呪文を唱えて早合わせの衝動を抑えて待つこと数秒。
突然竿が絞り込まれた。

ちょっと驚いてしまうほどの引き。一瞬根ガカリかと思ってしまうほど。
網を持っていない私は強引に引っこ抜いて、出てきたのは40センチ弱のヒラメでした。
d0078105_16303937.jpg


その後もアタリは感じるが乗せることできず。バラシも一回ありました。
今回は3時間ほどの釣りだったので仕方ないけど、もっとちゃんとやればあと数匹は行ける気がする。

家に帰り、早速ヒラメを5枚におろし、おいしいムニエ~ルにして食べました。
これがまた絶品の最高の究極の味。おろしているそばからつまみ食いしたエンガワもプリプリでいい感じ。
d0078105_22471576.jpg


ヒラメ狙いは今後予想以上にはまりそうです。

釣果 ヒラメ 1匹
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-12 16:43 |
8月4日(金)  日立沖堤防  晴れ 気温35度 

仕掛け ルアー  シーバスロッド9ft  スピニング +ジグ
     投げ    ぼうずのがれ
     その他  サビキ

AM4;00
気合入れて朝一番の船に乗り込み沖堤防へ。
日立の沖堤防は小学生の頃よく来たなじみの釣り場、うまくはまると爆釣するが、はまらないとどうしようもないことに・・・

やはりというか、、、まったくもってどうしようもないことになりました。。。


投げの仕掛けをセットした後に喜び勇んでルアーを投げ込む。
生まれてはじめてのシーバスロッドは今まで超柔らかトラウトロッドしか触ったことのない私には驚きの連続でした。 びっくりするぐらい飛ぶ。釣りキチ三平のキャスティング大会を思い出すぐらい遠くに飛ぶ。まっすぐ飛ぶ。シュバッというかっこいい音を出して飛ぶ。
もうこれだけで大満足、顔はニヤニヤ。 ←misfish氏とおんなじだぁ~ 

かっこつけてジギング開始。

お~っ 魚紳帽とサングラスと鬼ジギング。どっからでもかかって来いやぁ~な感じぃ!!
ぼ、ぼくは壊れてないか~?

と水面に映る自分に30分ぐらい酔っていると。なにやら投げた竿が気になり始めた。
そそくさと上げてみると。餌が全て無い。。。

これは! 間違いなくサカナの仕業だ。しっかり針を飲ませた青イソメが簡単に全てなくなるはずは無い。
次にイソメをしっかりつけて再度投入。着底後すぐに微妙なアタリ。ためしにすぐに上げてみると
あっという間に餌がなくなっている。

なんたるハヤワザ!

今度は着水同時にリールのスプールを返してフォーリング中も糸を張ってみる。
すると。。。 

プルプルと軽快な感触が伝わってきた。アジっ子、イワシっ子でありますようにと祈りつつリーリングしたが、顔を出したのはふぐっ子。体長10センチ。
d0078105_11281516.jpg
嫌な予感はし出したが、全部が全部フグというわけではないでしょう。と、なんどもトライしたが、その後は連続的にフグフグフグ。。。

かっこよく言えば フォーリング中のバイト!しかし、普通に言えば餌取りの入れ食い。。

このままでは1時間で青イソメ1パックは使い切ってしまうと思い、サビキに転向。
しかし、悪夢は続いた。今度はフグが一家で釣れてくる事態に陥った。
さらにハリスは食いちぎられる。

あああああ、フグ地獄

と落ち込む中、「そうだ、今日はシーバスロッドの初日だ。とことんルアーを楽しもう」と気分を変えてジグを投げ込む。
そして、ジグに微妙な反応が! 
今度こそ何かがつれただろう。。。と上げてみると。今度はスレで見慣れたふぐがついてきた。
なんたる屈辱。なんたるホラー。俺は呪われているのか。。。
d0078105_112947100.jpg














フグはだいぶ水面近くにいるから底ギリギリを狙いましょう。と何度か投げていると今度は突然ロッドがズシンとしなった。底ギリギリでも根掛りするほどじゃぁないのに何で?ゴミでもひっかかった?と期待せずに上げてみると今度は立派なヒトデ。あああ ルアーに飛びつくヒトデ。想像しただけでもその瞬間の映像はホラーだ。
d0078105_11314315.jpg














しかし、可能性はまだある。活性が低い時こそ私の釣りは光るものがある。冬の芦ノ湖でもバスを釣ったこともあるではないか。
そうだ。こういうときこそバスで鍛えたアンダーショット+ワームチョン掛け+鬼シェイキングだ。
フグが掛からないようにフックはランカーバス用のデカイものを装着し勝負再開。しかし、すぐにそんな子供だましではこの呪いに勝てないことに気づかせられた。

長さ9センチのワームが2、3投で3センチになって帰ってくる。
ゲーリーのカーリーテールは着底前にテールが無くなった。
d0078105_11335068.jpg















お、おそろしい。こいつらフグの仮面を被ったピラニアだ。

もうだめだ。このままでは呪いで頭がおかしくなる。もうやめよう。
今回2chiさんに教わったボウズノガレの包装に目をやるとそこには
「これでだめならとっとと帰ろう」の文字が・・・

もう一生ふぐ料理は食わないことを決心して PM14:00納竿。合掌。。。

釣果  ふぐ  30匹以上 
     ヒトデ 1匹

これってボウズ。。。ですよねぇ?
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-05 08:18 |
8/3 19:00-20:00 城里の野池  天気:晴れ

仕掛け
misfish : ベイトタックル(ABU) トップウォーター(BALSA50)

今日はBaomi氏に負けず、ニューロッドを購入(きみどり色のにくいやつ ML)し、
ご機嫌にバス釣りです。夕まづめ狙いで城里町の野池へGO FISH!
ニューロッドは大き目のTOPウォータープラグ用。今日はこいつで絶対釣るぞと気合十分!
ルアーも強気のBALSA50ペンシル。さて、ロッドの使い心地は・・・・
(キャステイング&ロッドをあおる)
シャーーーーーーーー「ウォーーー超飛ぶーーーー」
スゥイーッスゥイーッスゥイーッ! 「オーーーすばらしいドッグウォーク」
これで10500円は超お得!!!!後悔なし!!すばらしすぎる!!!
という感動の連続でキャストしてドッグウォークさせるたびにニヤニヤ。
でも、あたりはさっぱり。ボイルはしているがマイBALSAには反応なし。
でかすぎるのか?まぁいいや・・・その後もロッドの感触に満足しニヤニヤ。
蚊の大群に襲われ、四足の気配にビビリつつ納竿。
今日は、、まいっか。

今日の釣果
ぼうず

d0078105_21562012.jpg
いかすタックルと
お気に入り魚紳さん
(ロッドがしなるuuuu!!)
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-03 21:37 | 湖・沼・池
7/31 19:00-20:00 飯田ダム  天気:晴れ 

日も暮れた~ 那珂湊から車で2時間。渋滞に巻き込まれ散々・・・。
それでも釣り場に到着すれば、頭の中は一気に釣りモード

仕掛け
2chi   :ミノー ・クランクなどなど
misfish :トップウォーター(ZARAPUPPY と BIGBUD)

ダム湖 水面は空を映し明るく見える。美しい!いざ釣りへ
今日のルアーは蛍光ZARAPUPPY と アピール力絶大のBIGBUD
お気に入りのトップオータープラグだ。
どちらともheddon製←個人的にmisfishは大好きだ。

いつも釣果のあるワンドのポイントだが、こんなに遅く釣るのは初めてだ。
2chi 一投目 早速あたりが来たがうまくフッキングしなかった。
misfish 岸沿いをZARAPUPPYで攻める。コボッ!あたりが来たがやはりすっぽ抜けで
フッキングしない。

さらにワンドの奥へ移動

misfish 何回かあたりがあるがすっぽ抜けまくり 
      「落ち着くのだ」と自分に言い聞かせるのだが・・・
      しばし続投の後
      水面を覆う木の下に ZARAPUPPYちゃんをドッグウォークさせた
      その時!
      FI-------SH!!40UP 間違いなし----- 
      だった、はず、、なのだが目の前でばらし 無念
  

      しばし続投の後
      FI-------SH!!こんどこそ-----
      水面をバスがギルラドリング!!!ばれてたまるか-----!
      やっとゲッツ 30cm弱のぷりぷりバスでした。

本日の釣果 
ラージマウスバス 1匹(30cm弱)

LOST LURE
2chi : 4個
お気に入りのカンペイあほルアーをなくしショックの2chiであった・・・
misfishはすっぽ抜けまくりの釣りではあったがZARAPUPPYの威力に感激。
BIGBUDは出番がなくなってしまった。ルアーはいいけどまだまだ腕が
ZARAPUPPY様についていきませぬ。もっと鍛えねばとおもいつつ納竿。
d0078105_2119734.jpg
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-02 21:23 | 湖・沼・池
7/31 14:00-17:00 那珂湊港内 天気 晴れ(強風uuuu!)

仕掛け
2chi  :トリック(さびき) & ぼうずのがれ(投げ) 餌(アオイソメと釣ったイワシっ子)
misfish : ぼうずのがれ(投げ)×2 餌(アオイソメと釣ったイワシっ子)

14:00 2chiにmisfish合流 2chiすでに楽釣爆釣仕掛け「トリック←商品名」で
      イワシっ子20匹程度FISH

      2chi・misfish 楽釣爆釣仕掛け「トリック」でイワシっ子数十匹FISH
      
15:00 2chi 必釣仕掛け 「ぼうずのがれ←商品名」でメゴチFISH
      
      2chi・misfish 楽釣爆釣仕掛け「トリック」でイワシっ子数十匹FISH

15:30 2chi 必殺仕掛け 「トリック←商品名」でアジっ子FISH        

16:00 misfish 必殺仕掛け 「ぼうずのがれ←商品名」でアジっ子FISH 

      トリックで釣ったイワシっ子でヒラメ狙うも掛からず。

17:00 潮もとまったので納竿   ルアーがやりたくなったので飯田ダムへバスちゃん
      に会いに向かう。→つづきは 湖・沼・池 編で・・・・・

本日の釣果

イワシっ子   約100匹(4cm)
アジっ子    4匹(7cm)
メゴチ      1匹(6cm)


d0078105_20453284.jpg
晩御飯はから揚げ!絶品!
[PR]
by team-gyoshin | 2006-08-02 20:21 |