チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月26日(木)

日立→那珂湊→那珂川

時化が開けて、波が残って、風はおさまり、中潮の時合とマズメが重なり、水温は18度前後で、落ち鮎の秋で・・・
誠に勝手ながら、今日は一年で一番釣れる日と決め付けて釣りに出かけました。
しかも我慢できずに寝坊も怖く、前日入りの車中泊。

気合は入りすぎです。


5時にmisfish師と日立港で待ち合わせ。
東の空は、荘厳でそして美しい朝マズメの色・・・
misfish師と私は爆釣の予感に身震いしながら、本能なのでしょうか、遠吠えしたくなるような欲望を抑えつつポイントに向かって歩きました。

しかし、釣り始めてあっというまに1時間半が過ぎ。早くもmisfish師はタイムアップの時間。
私はあっというまにネガカリ三昧でセレブ御用達の高級シンカーは4個をロスト

一切の生物反応を感じないまま。終了とあいなりました。

その後1人で魚の顔見たさに那珂湊へ移動。
しかしそこで待っていたのは、想像を絶する大波でした。
この中を2chi師は40センチのヒラメをゲットしたんだなぁ。としみじみ彼の命知らずぶりに恐怖を感じながらも、それもこんな日でも魚がいる証拠のひとつとポジティブに捉え、安全な場所でせっせと竿を振りました。

やはりここでも生物反応なし。アタリも無し。こうなってくるとフグの噛み跡ですら憧れてしまいます。

早朝からの連続キャスト運動に疲れ果て、自信もすべて喪失し、睡眠不足の脳みそが“帰宅”を強く促し始めた14:00頃、一大決心をして車に乗り込み。最後の望みをかけて那珂川中流を目指しました。


ここはmisfish師に教えてもらった場所。数日前はシーバスの反応がよく好釣だったとのこと。
到着してまず水面を眺めていると、なにやらたしかにデカイ魚の反応がある。
しかもシャローで活発だ。そして釣り人はだれもいない。

これはシメシメとルアーをセットして投げ始めてみたが、まったくルアーには反応なし。
どうもシーバスっぽくないなぁ~、と思いながら続投していると魚体が目の前を通過していった。
「鮭だ シャケ」

気がつけば周囲に何人かのギャラリーが立っていた。
そして私を見つめシャケを引っ掛ける方法について熱く語りかけてきた。
重めのスプーンにデカフックでチューンするらしい。。。
とりあえずシーバスねらいであることは伏せて応対。しかし視線が気になる。

もはや気力が限界。とうとう帰路へと旅立ちました。

ボウズ×三ヶ所

二度と魚が釣れる気がしない。
[PR]
by team-gyoshin | 2006-10-27 00:19 |
やっと休みがとれ那珂湊に向かう。頭の中はひらめ、ひらめ。今日こそは絶対釣ってやる。
12:00到着海を見るなりがっかり、ものすごい風と波が音をたて怖いぐらいの海。それでもめげずに内堤防でキャスト開始3投目に竿先に魚のあたり。一呼吸し、強く合わせると筆ぜつに尽くしがたいあたり、ごんごん下に引き込むあたりこれは、もしやとおもいながらどんどん糸を巻くとひらめが頭をだしたもう手が震えがくるほどだったが一気に振りぬいた。
やった初めて釣れた1匹40センチのひらめ。うれしくてすぐにみんなにテルしてました。
まだひらめをお釣りになっていないかた、早く釣ってぴよ-ん。
d0078105_1933780.jpg

[PR]
by team-gyoshin | 2006-10-17 19:34 |
10月13日(金) 
日立→阿字ヶ浦→那珂湊

久しぶりにじっくりやれると喜んでAM5:00に日立港到着。
前日に70cmのヒラメがあがった情報もあり、やる気満々。
今回の作戦は、9:30頃が満潮だからその2時間前までは“青物ねらい”。潮が鈍くなりはじめたらヒラメに変更し、その後はダラダラの小潮だからヒラメを続けよう、というもの。

しかし、クルマを降りて事態は一変した。

敵は風だった。
9月11日のときと同じ風が吹いている。
前回の経験上、これでは沖堤防に渡っても底を探る釣りは難しいことは明白。
さらに気持ちうねりが入ってきている。

台風の影響はもう来てしまっていたのね。

時間がもったいないのですぐに移動。阿字ヶ浦へ。ここなら風を背にキャストできる。

到着してまず人が多いのに驚いた。
餌釣り師がたくさんいる。ルアーを投げている人もひとりいる。
短い堤防に5mおきの釣り人・・・
電気ウキの間であの“バニー”をぶん投げるのは相変わらず気が引ける。

でも貧乏性でここまで来てしまったことだし・・・とミノーを投げ続けた。

釣れない。 ナブラも起こらない。 ミノーを投げているということは無意識にスズキを狙っているということになるはずだが、どうも気持ちでは納得していない。なんだかチグハグだ。
風とウネリで消去法で内湾に投げている、その選択肢のない状況が釣れる気を起こさせない。

やっぱり移動しよう。那珂湊へ・・・

ここもやはり外向きは風とウネリでNG。
でもなぜか釣り人は多く、全員内側にシカケを投げている。

都合よく人気のない先端から内側に向かってキャスト開始。8:00近くなっていたので完全にヒラメ狙いに集中しようと思うも、まだ青物への執着が捨てきれず横にはバニーを待機。水面の雰囲気が変われば即座に投入!という準備をほどこしてヒラメを狙い始めた。

投げ始めて数分で「ゴンッ」というアタリと同時にトルク型の引き。ヒラメだ!!!
赤のシャッドテールを食いちぎって水面から現れてくれた。うううううれ~しぃ~
おそらく9:30の満潮に向かってのゆるい上り坂がヒラメの時合いとなりそう、すぐにルアーをセットして戦線復帰。先程のヒットは結構テトラの近くだったので、引き続きも丹念にテトラ周りを攻めてみる。

何投目かでアタリが来た。

でも何かが違う。回収したルアーもヒラメの甘噛みのような痕ではなく、ふぐのようにザックリ食いつきながらもギザギザの歯跡。

なんだぁ?と思いながら同じ所を集中攻撃。

数投後、ガツンとアタリが来た。
あわせた直後から突っ込む引きが帰ってきたがヒラメとは違う引きに感じる。
ヒラメの引きはエンジンでいうならばハーレーのような大排気量単気筒エンジンで「ドドドン」という感じ。でも今回の引きは高性能高回転型でグググググインと引っ張る感じがする

でも底に向かって一直線なのはヒラメに似ている。

なんだなんだぁ!?
と思いながら無心でリールを巻くと、出てきたのは30センチ前後のアイナメでした。

なかなか良い型のアイナメ!これなら刺身にできそうだ!

なんだか調子が良さそうだ!
でも諸条件によりポイントの移動はできそうにないから今度は船道を狙ってみよう。と今度は遠投に意識を集中し、狙い始めた。
今回、PEラインをフッ素コートしてきたので、日ごろは大嫌いな遠投が気持ちいい。
今までの1.5倍は飛ぶ!(ウソ) お向いの堤防にまで当たりそう(ウソ)
でも気持ちいいことこの上なく。追い風に乗って遠投三昧を堪能していた。
その後アイナメ以来まったくアタリが遠のき、3、4度ほどの帰宅願望を乗り越え、ほぼ1人キャスティング大会に陥り始めたころに「ゴゴン」というアタリがきた。

なんと本日2匹目のヒラメでした。
己の幸せを祈りつつ11:30に納竿。

今日は好い日!!!
d0078105_12383435.jpg
ヒラメ ヒラメ アイナメ







d0078105_12384788.jpg
ヒラメの刺身とアイナメの刺身 とそして旨い“梨サワー” オススメ!
[PR]
by team-gyoshin | 2006-10-16 01:23 |

うおの眼 【misfish】

最近 どうも 何事も 
魚系に見えてしまう・・・
眼がいってしまう・・・
かなり勘違いも・・・

その間違いに
気づいた時、恥ずかしいというより
幸せな気分になるのはなぜだろう・・・

先日眼がいってしまったある雑誌。
薬局にさすがに釣りの本はないよな^^;
d0078105_23201079.jpg
クロダイじゃなく
黒ダイエットでした。
おーーーーーーーーい!!!!!!
[PR]
by team-gyoshin | 2006-10-07 20:17 | 雑談・その他なんでもOK
10月3日(火) 大洗サーフ → 那珂湊

満潮は14:00。
今までの経験上では、ヒラメは上げ8分ぐらいから満潮、下げ8分ぐらいから干潮の間での実績ばかり。その時合以外はまったく釣れる気がしない。

なのに、海に到着したのは15:00。がっくりしながらも新天地を求めて大洗サーフでキャスト開始。砂浜から海原めがけて投げるのは本当に気持ちいい。これだけでも充分満足なのだが、どうも波のブレイクラインのこっち側までにしかルアーは届いていないみたい。

これでは釣れる訳がないのでは?
時間も微妙なのにせっせと体力使ってランガンする気もなれず。やっぱりいつものところにと守りに入り“那珂湊”へ・・・

潮はだいぶ下げ始まった。
釣れる気がしない。

ブツブツ言いながらキャストを繰り返していると。後ろから私の名前を呼ぶ声が。
振り返るとそこには“2chi”が!
おお!偶然のような必然。

二人とも海での再会を祝いながらキャストを繰り返す。
夕マズメを迎え水面では時たまナブラが起こり、周囲ではアジがつれ始めた。

しかし二人のヒラメルアーには反応なし。
ああ無念のボウズか!

私が1人タイムアップし帰路に着くことに。
別れ際2chi師は青物ねらいで角にシカケをチェンジしていた。

堤防をテクテク歩きもう少しでクルマにつくという時になにやら先程までいた堤防の先端が騒がしい。「なにかあったのかな?」目を凝らすも様子がわからない。
「事故じゃなさそうだからまぁいいか」と1人家路に向かった。

その日の夜、携帯が鳴り、出てみると2chi師だった。

なんと、私が帰り始めて堤防を歩いている時に、角に換えて第1投でイナダ(50cm)を掛けたとのこと。
残念ながらランディングの時にフックアウトしてしまったとのことだが、ウラヤマシイ!!

2chi師やるなぁ。
このごろヒラメに取り付かれている私は臨機応変変幻自在さにかけていたなぁ。と反省ひとしお。今回はいい勉強になりました。
[PR]
by team-gyoshin | 2006-10-05 02:06 |