チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

文:baomi

28日(月)・・・
一週間ぐらい前からこの日は仕事の休みが取れそうな気配を全員が察知し始め、
久しぶりのみんな顔を合わせての釣行にワクワクソワソワ。
さらに天気も「晴れ時々曇り」。数日続く晴天に水温も安定しそう。
ヒラメ・マゴチの釣果情報もちらほら入り始め、潮もいい感じの“中潮”。
こんな好条件にどうしたって全員が高まる期待にガマンはできず、
その日のために笑顔で仕事をこなす日々。

しかし、いつもどおりというか呪われているというか・・・
二日前のYahoo天気予報には目を疑う数字が並んでいた。
「東北の風 7m」こういうときは海岸はさらに風が強く吹く。経験上10mは軽く超えそう。

前日の夜まで予報が変化することだけを願っていたが、事態は好転せずにそのままの膠着。

しかし・・・ここ数日この日を夢見て生きてきた私にはもう止まらない執念が宿ってしまっていた。
もう、どんなだって釣りがしたい。たとえつれなくてもルアーをぶん投げたい。
そう思うと、もういても立ってもいられずに港に向かって走り始めた。
この時点で2chiから「仕事休めずで脱落」の連絡が入った。海が駄目なら2chiのガイドで渓流ヤマメもいいなぁ、と勝手に安全策を考えていた私にはもう完全に背水の陣。行くとこまで行ってやろう。
そう決心し、misfish氏、四平氏に連絡し、とりあえず港で私が車中泊をし、マズメ前に状況を報告全員に報告、向かい風でルアーが後ろに飛んでいかない限りは根性でキャストする。という作戦を立てて臨むことに・・・
すると四平氏から意外な反応が。同僚のまっちぃ氏と一緒に車中泊する気満々で家を出発しているとのこと。

なんたる魚紳魂!感動!初参加ながらこんな状況に巻き込まれて大丈夫かまっちぃ!?
倒錯した喜びのなか港に到着。検分開始!。

「ボボボゥ ボーーーーッ」 ビュービューではなくボーボー。これは強風ではなく 暴風だ。
当初、徹夜でメバルでもやってそのままマズメにヒラメだわい!!と豪語していた自分が恥ずかしい。
やばいなぁ。非常にやばい。一人暗黒の堤防に立ち。悲しくなってクルマに戻り、狭い2ドアクーペのあまり倒れないシートに横になっていると悲しい気分はアドレナリンを押さえ込み、あっという間に眠ってしまった。

小一時間眠ってしまったが、気がつくと隣に車が停まっている。
四平の到着か?相談でもしようかとドアを開けると、驚いたことにそこには四平氏のクルマではなくmisfish氏のセダンが停まっているではないか!

baomi「あれれ! どうしたの?」
misfish「四平に聞いたら港に向かって出発したって言っていたから俺もガマンできずに来ちゃったよ!」
baomi「すばらしい!! でも・・・この風やばいっしょ?」
misfish「いやいや 今下見してきたけど堤防を背にやれば何とかなるよ」
baomi「マジッすか!?」

なんというツワモノ!いつの間にか予定外に全員が夜の港に集結してしまう状況である。
そしてツワモノmisfish氏の発言にメンタル面の弱い私はすぐに心強くなり、一気にテンション向上!
超ハイテンション状態で四平を待ちがてらmisfish氏のクルマの中で明日の実釣を祈念して酒盛り開始。
酒の肴は「ルアーの見せ合い」。
これが新しく買ったルアーだ、これがボラっ子引っ掛けたルアーだ。と二人は精神年齢11歳(小学5年)に逆戻りして盛り上がっていた。

そこにもう一台ワンボックスが到着。

てっきり四平の軽自動車が来るとばっかり思っていたので、最初は“見知らぬ人か?”という感じだったがよく見ると助手席に四平が、運転席にまっちぃが。
これはこれはなんと飛んで火にいる夏の居酒屋ではないですか!。

実に結構!実に結構!
挨拶もそこそこにワンボックスのリアシートを対面にして、真ん中に酒とつまみを置き、まぁ風は強いけどまずはカンパーイっとビールを飲み干し。風で揺れる車内で楽しいひと時を過ごしたのでした。

時間はすすみ、酔いも進み、眠気は絶好調。3:30を時計が指すころ豪傑misfish氏は全く酔っておらず、さらに眠くもない様子。これは常磐の益荒男。平清盛の再来か!?
もしや、あなた!と思ったとき。案の定、釣りじゃぁ 釣りじゃぁ!とmisfish氏は2分でラインを組んでルアーをセットし風除けポイントまで突き進み、暴風を背に受けフルキャスト! 「すっげぇ飛っぶ~ぅ!!」と日ごろの倍近くぶっとぶルアーで真剣勝負開始なのでした。

しかし、基本ポテンシャルの限界に達していたbaomi、四平、まっちぃはマスラオmisfish氏を置いて各自クルマに戻って睡眠を選択。あっという間に夢の中。

気がつくとマズメは終わりかけて普通の朝。周りを見回すとmisfish氏が竿をたたみクルマに乗り込もうとしている。むむむ、あの表情は釣れていなさそうだ。そうか。そうだよな。このタフコンディション。
そう思うとまた私は寝てしまった。

さらに気がつくと時間は7:30.完全に普通の朝だ。いつもならば「やっちゃったぁ」と言う状況だが、今回は暴風のせいであまり悔しくは無い。しかし、ロッドは振らないとさすがにヤバイだろうと思い準備を始めると、私と同じ行動パターンに陥っている四平が隣で準備を始めている。まっちぃはまだ寝ている模様。Misfish氏は戦い疲れて爆睡の模様。

四平と私は目と目で挨拶して「行きますか」とどちらからともなく一言つぶやいて堤防に向かった。

しかし、すごい風だ。こんな中よくmisfish氏は漆黒の闇の中戦意喪失せずにロッドを振り続けたものだ。
四平も私も開始10分でくじけ始めてきた。

そんな中、駄目押しのように私は根掛かり。さらにリーダーが切れてしまい強風の中ラインシステムを組みなおし。ちょっと結び目がスムーズでないがこの強風の中の仕事だ仕方が無い。
その時はそう思ってあきらめていたがこの油断が命取りだった。なんと再開後の4投目。キャストした瞬間に「カコン」という聞きなれない音がなり、一瞬何のことやらよくわからなかったが気づくと私のロッドの先端30センチが折れてなくなっている。

弱り目に祟り目

愛用のがまかつラグゼちーたは無残なことになっている。なんということ。
風に立ち向かった心も吹き飛ばされてあっという間に戦意喪失。

もうだめです。私。そう言って3人を残して釣り具屋に急行。
私の夢の月曜日は惨憺たる結末となりました。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-05-30 00:33 |
久々釣行!といっても11:30には用事があるので、10:00には帰らなくてはならないこともあり、前の日から釣行する気はまったくなかったのだが、なかなかとれない休みだったので、寝てから2時間後に奇床(起床)。
眼がパッチリ!!頭の中は山女魚でいっぱいでした。(頭の中の魚影は相当濃い)

4:30に自宅を出て6:00には川についたのだが、1時間川をじっくり見てから釣行開始!

3時間の釣りをしてラビットのハヤカラーで10数回ヒット!!
網を忘れ、5匹ランニング。でも3匹キープでゴチになります。
25cmのピンシャンヤマメ君たち!
オオルリが鳴き最高の釣行になりやした。
d0078105_2312396.jpg
[PR]
by team-gyoshin | 2007-05-26 23:15 |
河口でシーバスがあがっているという情報を聞き、

いてもたってもいられなくなり

2時間ばっかり釣行してきました。

先日のヒラメ君のこともあり、なんとしてもかかったときの感覚を取り戻したくて・・・。


那珂川の河口には、橋げたからの光がさし込み、波が穏やかなこともあって

キラキラと水面を照らしていました。

そんななか、若い男女グループが早くも「ピュー   ・・・    バン!」とか花火なんかやっちゃて「ウキャキャウキャキャ」と楽しそう。それはそれでよいのだが。


おれは 釣りだ・・・   悪いか!


雰囲気台無し、やれやれだぜ っといったところ


今日はやけに メンタル 落ち着いてました。

っというわけで 一匹 ゲット!
d0078105_1402943.jpg



メンタルの強さも何も関係なく、テクも何も関係なく、

自分の器を知りました。

d0078105_1405831.jpg

初めてです。ルアーで2cmの魚掛けたの(T_T)
[PR]
by team-gyoshin | 2007-05-17 01:42 | 河口
おとといの話になりますが、

めでたくヒラメをバイツしたのですが・・・

メンタル面の弱さから、目の前で推定50cmほどの・・・

愛しのヒラメ君を・・・・

目の前で・・・ ほんとに目の前で・・・・ ばらしてしまいました・・・・(T_T)

めでたくもなんでもなく・・・・ショックも大きい逃した獲物でした。



そのときの様子はこんな感じでした。



(竿先が)グググ・・・グググ・・・グググ・・・  

根がかり!?

!!!!

来た! 来た!!!     !!!     !!!

あわわ  あわわ  あわわ あわわ (からだは震えまくり)

巻け!巻け!巻け!巻け!巻け!
グリグリグリグリグリ  グリグリグリグリグリ

あ!! ヒラメだ!ヒラメだ!ヒラメだ!ヒラメだ!
でけー(大きい) でけー (大きい) 

あわわ  あわわ  あわわ あわわ (からだは震えまくり)

アミッアミッアミッアミッアミッアミッ

「バシャパシャ!!」


  (自慢のPEラインが・・・)
   ふわぁ~
 
  (こういうのが緊張の糸が切れるというのだろう・・・・) 

   うゎわ~~~~~~~~~~~ (ToT)


まさに玉網を握り、すくおうとした瞬間の悲劇

しばらくたちなおれません
 
 
[PR]
by team-gyoshin | 2007-05-09 23:18 |

内職  【baomi】

熱にうなされ3日間

作ったジグヘッドは39個 

フックは赤針!
目はマジックで書き込み済

重さは4種類
形のバリエーションは5種類


唯一ないのは釣りにいく機会    
d0078105_13282198.jpg
[PR]
by team-gyoshin | 2007-05-01 12:54 | 雑談・その他なんでもOK