チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

赤裸々告白 【baomi】

がんばっているのですが~

魚が釣れません!
釣れる気がしません。
ルアーから何か臭いが出てるのでしょうか?


misfishさんが沖堤防を途中下車。

一人残って

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)


まだ一軍の竿は帰ってこないからエギングロッドで

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)


意外に飛ぶなぁ、エギングロッドも・・・と溜息つきながら

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)


misfishさんはフグを釣った。
私はアイナメをバラした。
アイナメはテトラの先で顔を出したとたんにバレてしまった。
misfishさんに見せられなかった。
ここまで釣れないとさっきのアイナメも信じてもらえてないんじゃなかなぁ。
フグでもいいよ。つりてぇ。

一投、一投、投げる回数が増えるたびにグリグリ時の考え事(ほとんど被害妄想化)が増えていく。


あっ、足元の堤防の隙間から潮が噴出しているところ、こういうところは根魚いるんだよなぁ。ワームで狙ってみようかなぁ。

ボチャン  しゅるしゅるしゅるぅ~ コトン(着底)
カチャ(スプールを戻す)
フリフリ シェイクシェイク フリフリ シェイクシェイク

ボチャン  しゅるしゅるしゅるぅ~ コトン(着底)
カチャ(スプールを戻す)
フリフリ シェイクシェイク フリフリ シェイクシェイク

うーん 釣れる気しないなぁ そもそもこの邪念が悪いのだ。釣れないからって他の魚に惑わされてはいけない なんて心が弱いのだ俺は~ はぁ~

ようし!一心不乱にヒラメを狙うのだ~ 
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
頭空っぽにしてぇ!
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ヒラメの気持ちになってぇ!
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
なんで食わねぇんだぁ!
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
頼むから食ってくれぇ!
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
あ゛あ゛~ もう限界だぁ 死ぬぅ~

あ~なんで食ってくれないんだろうなぁ

おっ!?あのテトラの下は根魚が絶対いるなぁ・・・
ちょっとワームを投げてみるかぁ

ボチャン  しゅるしゅるしゅるぅ~ コトン(着底)
カチャ(スプールを戻す)
フリフリ シェイクシェイク フリフリ シェイクシェイク

ボチャン  しゅるしゅるしゅるぅ~ コトン(着底)
カチャ(スプールを戻す)
フリフリ シェイクシェイク フリフリ シェイクシェイク

やっぱり釣れないかぁ
そうか、そうだよなぁ
釣れないよなぁ

はぁ~あ がんばろうっと
あの砂地らしきところはまだ攻めていなかったなぁ。
ヒラメがいますように~

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
頼むぞぅ
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
・・・

うん?もしや俺はこのメンタル激弱サイクルを一日中繰り返しているのか?
そうか、そこに昨年のヒラメ連釣時との違いがあったのだぁ
どうもこの頃、すぐに釣れないと集中力が切れてしまっていたかもしれないなぁ。
コンセントレーションこそ釣りの奥義なり!

プルルルル~
携帯のアラームが時間を告げる。
仕方なしでここで納竿。もっと釣りたいような。厳しい部活が終わって安堵したような複雑な気持ちで渡船に乗船した。


ようし!次は必ず釣れるな!(結局こんな性格だ)



d0078105_9463140.jpg

↑こんな噴出しに惑わされる私です。

d0078105_947302.jpg

↑大切ことを忘れていた。
misfishさん嵐男の汚名返上おめでとう!!
こんないい天気の釣りは久しぶりだったのではないだろうか!?
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-24 09:49 |
前回の精神修行から一夜明けた19日の昼下がり・・・。(精神修行には睡眠打破できず参加していないのだが)baomiさんからメールが入った。

急遽休み取りました!
明日沖提リベンジしてきます!


っと

昨日の釣行でメバルはゲットしたのだが、本命のヒラメ・マゴチはヒットさせることができていなかった・・・。日立フィッシングセンターのHPでルアーでヒラメ・マゴチが釣れていた!という、まさかの情報を知り、いてもたってもいられなくなったらしい(笑)それではとばかり、昨日のベット撃沈もあったので同行することにしました。

AM4:00 日立沖提にいざ出発!

朝焼けがとても綺麗だ!関東の朝は早いなぁ~ 
波は穏やか、濁りもない!いいんじゃないの~~~今日は~~~
二人とも今日はルアーオンリーと決めていた。

最初は二人ともハードルアーでシーバス狙い!

一投目が肝心だ!ルアーはバイブレーションだ!
 
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

反応ないな!
 
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

ポイントが悪いかな?

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)


テトラの下にいるんだよきっと

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

きっと今日はスローリトリーブがいいんだよ。

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

色が悪いんだよ、濁りもないからナチュラルなイワシカラーとかが多分いいはず

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

ミノーがいいのかなぁ~  

ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

今日はシーバスいないなぁ~  ワームでヒラメだ
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

・・・・・やっぱシーバスだ!
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)
ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

※ビュ~~~~~ン  (グリグリグリグリ・・・・・)

   (くり返し※ ×  ∞)

(二人とも多分↑こんな感じだったはず)

忘れたころ・・・・(忘れてもいいこと)

 っあ! あれっ これって

d0078105_2143921.jpg



前も河口でこんなことが・・・・  おい!そんなふくれんなよ!   ふぐ!

あ~あ またしてもこんな  け ・ つ ・ ま ・ つ   あ~あ だな。

まいっか・・・・     


気がつけば11時、午後は用事があるのでbaomiさんに後を託し、一足先に納竿(泣)

d0078105_21191117.jpg


沖提を出発    がんばってくださいbaomiさん リベンジ願ってます!!!

                                 misfish 記
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-22 21:23 |
久しぶりにまともに釣行。
夜中3:30に待ち合わせし、一番船で沖堤防へ。
のはずがmisfish氏到着せず。前日の激務がたたって体が言うこときかないらしい。

早くもmisfishさん離脱確定で残り3名で釣行。
4:30より実釣開始。参加者はbaomi、四平と今回初参加の五平氏。誰かがいないからか天気は最高!。しかし、海はうねり気味で行きたいテトラには行けず、水質は濁り強。テンション高くのぞんでみたものの周囲の釣り人みなさん軒並み釣れていない。歯を食いしばってキャストを繰り返すが釣れる気しないし、誰も連れていないし、でモチベーションキープが大変。3時間経ったところで往路の渡船で一緒になったルアーマンが早くも撤収。「全然駄目でもう上がる」とのこと、決断はやい。
しかしそうそう頻繁に来ることができない我々にとって今日は“ハレの日”。そう簡単にはあきらめられない。
男気なく保険に買っておいた冷凍イワシをここで投入。まぁ何でも釣れればいいやと予備の竿で投げておくが、これもなかなか反応なし。周囲の餌釣り師もあいかわらず反応なし。気合のみでルアーを投げ続けていた四平と五平もへとへとになり始めていた。
ここで初めて投げておいた竿の鈴が鳴った。3人の注目の中、上がってきたのはよ~く見慣れたドンコさん。もうしっかりおなじみのドンコさんは沖堤防のマスコットキャラ的存在だ。
しかし、同時に食い飽きた感もあるので即リリース。さようならドンコさん。一族以外の魚を連れてきて。
と、言っていたらまた竿がしなる。
あげてみると同じカラーリングのドンコさん。さらにその数分後、またまたドンコさん。もうこれはドンコさんの寄り合い会場に餌を投げているようなものだと恐ろしくなって仕掛けを変更。穴釣り仕掛けから胴付仕掛けに変更。べた底から中層を狙ってみる。
このあたりから3人ともルアーそっちのけで餌釣りに集中し始めたがそもそも周りの餌釣り師も釣果は渋い。エサトリのかすかな反応以外はドンコぐらいのもの。全員が「あ~あ」と溜息をついてだれから「あがろうか?」の声が出るのかとソワソワし始めたころ私の竿が久しぶりに反応した。しかもドンコよりも元気な反応。おおお!頼むからドンコ以外でありますようにとお願いしながらリールを巻くと明らかにドンコより元気。首を振る振動もドンコより好感触。で、お目見えしたのは嬉しい一匹のメバルさん23cmでした。

d0078105_1451370.jpg

↑見慣れた姿。
d0078105_14523865.jpg

↑全員ダレきってます。
d0078105_14531729.jpg

↑起死回生のメバル

その後、メバルの登場に全員が息を吹き返すがアタリは反比例し遠のくばかり。釣れる気がしない雰囲気の中積極的に釣りをし続けることに疲れきった3人は眠気にも勝てず昼過ぎに納竿。

しかし、後々の情報で、我々が入った場所から遠く離れた場所ではヒラメとマゴチが上がっていたらしい。腕が悪いのは仕方ないが、場所を見極めるのももちろん技術、そう思うとやはり溜息の出てしまう釣行でした。

d0078105_1454977.jpg

↑メバルは煮つけでいただきました肉厚プリプリ美味でした。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-19 07:48 |

なつかしき 【misfish】

なつかしき釣りといえば

ザリガニ釣り!

小学生のころ、学校の裏の小川でザリガニ釣りに夢中になった記憶がある。

(今、あの小川はどうなっているだろうか・・・・)

そんな、ザリガニ釣りを    したのだ。

いいとしぶっこいて。

最高におもしろかった!

ザリガニが後ろに尾?を使って
「グンッ グググン!!」

シノタケで作ったウルトラライトスローテーパー!?のロッドが弧を描く!!

たまんないね。

ザリingでした。   

d0078105_0391367.jpg













d0078105_0394454.jpg











d0078105_0433834.jpg











       魚釣れって?   
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-15 00:47 | 湖・沼・池

背景 【baomi】

魚がつれそうな時間帯の背景があったので心機一転変えてみました。
釣れますように・・・

[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-12 06:40 | 雑談・その他なんでもOK

つりing  【baomi】

竿の破損から早2週間。
まだ、帰ってこない。
お店の方に保証書片手に「普通にキャストしていたら折れた」と伝えたところ
検査してもらって通れば無償。通らなければ保障額まで保障。とのこと。
そういうことになっているらしく、おのずと検査の行程分時間がかかってしまう。

ルアー釣りに関して私はそこそこ熱心であるが、しかし同時にお金に余裕はなく、そして素人丸出しなので、道具に凝る余裕がなくすべて3本の竿でまかなってきた。
投げ竿、シーバスロッド、トラウトロッドの3本。これで何とか耐えてきた。
バスロッドも持っていることには持っているが結局この3本に収束してしまい、バス釣りの時でも今では使うことが無い。

そんななか、知らぬ間にこの世はどんどん細分化が進み、「ニーズの多様化」という言葉は釣り業界をも席巻し、それをメーカーは戦略に使い、いつの間にやら専用ロッドだらけになっているではないか。

私がルアー釣りに憧れていた20数年前には信じられない現象だ。
当時は竿には対象魚の名前はついておらず、その竿の軟らかさ、長さ、調子を選んで使っていたと思う。
それが今や、エギング、メバリング、ワインド、チヌ、フラット、ロックフィッシュ ・・・ 
素人の私には違いがよくわからない。雑誌のロッドの検証ページを読むと眠くはなるが、理解はしていない。

そんな私がとうとう買ってしまった。
たった1本のシーバスロッドを修理に出しているこの隙に。落ち込む心を癒すべく。
一瞬のヒラメキだった。
「ダウンショットで鬼シェイキングとかワインドとかジギングとかやろうとするともうちょっと固めの先調子の竿がほしいんだよなぁ~。」
「こういうのってよく知らないけどエギング用を使ってますっていうよなぁ。」
「うん!?エギングロッド・・・?」
「買おう!」

というわけでエギングロッドget!である。

餌木は1本も持っていない。私がよく出没する港ではコウイカはたまに釣れるがアオリイカなんて釣れない。
でもいいのである。この特徴ある先調子ぶりはなかなか応用ききそうだ。当たり前だがシェイクもしやすい。

しかし、“餌木ング”って誰がつけたのだろうか。メバリングも同様になんでもケツにingをつけてしまおう的発想はちょっと80年代の中学、高校生っぽい。
これはもしや30代中盤から40代が釣り業界を牽引している証拠なのだろうか。
当時を思い出してみると松任谷由美は“YUMING”と書いて“ユーミン”と呼び、TDKはCDingというハイポジのカセットテープを売り出し、マイケルジョーダンの次という感じでバスケットシューズが売れたパトリックユーイングは単なる本名だった。

もしかしたら“エギング”と恥ずかしげもなく発声するのは世の中的には微妙なのではないだろうか。
会社の若い女性の前では差し控えたほうが懸命なのではないだろうか。
そもそもエギングやメバリングの話をしてしまう可能性のある私は会社で既にヤバイ存在なのではないだろうか。


“えぎんぐ”・・・ 今私の心を捉えています。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-11 23:14 | 雑談・その他なんでもOK

粘りの1匹  【四平】

先月の28日そう、その日はbaomiさんがロッドを折ってしまった日・・・。
ショックを隠しきれないあのひきつった笑顔、そしてまだ早朝だというのにロッドを直す為
ワイルド1へ行くと言って車に乗り込み、走り去って行ったあの後ろ姿・・・。
まだ、店開いてませんよ・・・。
悲しい、悲しすぎる。誰か彼を救ってあげて!
だまって見送る俺とまっちぃ・・・。misfishさんも夢の中・・・。
う~ん・・・。
「とりあえず風も強いし海はダメだ!」「バスにしよう!」というわけで、戦意喪失のbaomiさんと爆睡中のmisfishさん抜きでいざ地元の野池へ。
着いてみると風も無く、すっきりとした青空!灼熱の太陽!海とは大違い!
これは釣れそうだ~。するとまっちぃが岸際で稚魚の群れを発見!なんだこりゃ?
メダカ?いや違うな何だ?よ~く見てみると群れの下に魚影が・・・。バスだ!!
いたいた!まっちぃが俺にゆずってくれたのですかさず極小ジグヘッド(メバル用)の
ワームでbaomiさん直伝の鬼シェイキング!ググッと重くなりラインが走る、
きたきた~!
あがったのは30センチぐらいのバス!
d0078105_0262677.jpg
d0078105_0265718.jpg
いや~何かと悲惨なことばかりだったので本当は帰ろうと思っていたけど粘ったかいが
ありました。
酒を飲みながら話してましたけど今度のんびりとBBQでもしながら吸い込みで
鯉釣りでもしましょう!!
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-09 00:29 | 湖・沼・池

勉強 【baomi】

日中は東京出張。
仕事が長引き、終電の新幹線で帰宅すると時間は翌日になっていた。
ぐったりした気持ちで着替えもままならず溜息つきながらテレビをつけるとそこには穏やかな海の映像が。
むむむ、これはもしや!
ナレーション「東京湾の水質は年々改善・・・」
おおお間違いない!
四平が言っていた我々の勉強になる“NHKスペシャル”だ!
学ばねば!学ばねば!

画面には淡々と海中のドラマが映されていく・・・

婚姻色で金色になったアイナメのオスが卵を守り、その卵を隙を突いていただこうと企むウマヅラハギ。アクアラインウミホタルのすぐ下ではスズキが乱舞し、湾奥には稚鮎が戻ってきた。

ブラボー東京湾!

アイナメの献身的姿に心打たれた私は今まで釣った数え切れないアイナメに申し訳なく思い、あの美味な刺身の食感を思い出しつつも二度とアイナメを釣るまいと決心し(2秒後忘却)。スズキの捕食シーンには興奮し、声にならない鼻息を排出しながらベイトの動きを目に焼き付けようとブラウン管20センチに接近した私は無意識にそのシーンをシャメに押さえていた。

気がつくと背後にはタダゴトナラナイ状態に陥っている私を見つめる迷惑そうな嫁の姿が・・・。

見られていた。

すまん、こんなお父さんで。

d0078105_1214359.jpg

↑カタクチを追うスズキ達。イワシのウロコがキラキラと舞うなかスズキの捕食スピードは迫力満点。
イワシのダートする動きに感嘆。ワインドが釣れる理由がわかる気がする。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-06-07 07:49 | 雑談・その他なんでもOK