チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

文:baomi

とうとう一周年記念です。
仕事中も通勤中もテレビの番組欄を眺めている時も、いつでも魚のことを考えていたら一年がたってしまいました。無邪気に楽しく釣りにハマり、天気と魚に嫌われながらもけなげに(無謀に)
釣り場に通う私たち。ボウズを恐れずキャストを続け、消えてしまった羞恥心は最強ボウズブログを生み出した!?。

さて、集大成の一周年記念釣行はどうなったのでしょうか?

この季節、実は仕事が忙しい。残業が夜遅くまで続く、仕事を休むこと自体が至難の業。
でも4人は沖堤防に立っている。朝5:00には海と対峙。そして全員眠くない。目はギラギラ釣れる気満々。私、misfish-toy、四平はルアーを投げ、何でも釣る男2chiはイワシ餌で水中を探る。

今日は帰ったら夕方から2chi宅で宴会だぁ。肴を釣らねば。白身の刺身が食いたいなぁ。根魚の唐揚げもいいなぁ。とかなり直接的かつ本能的な殺気を掻き立てながらの釣りを展開。そのオーラがすべてを台無しにしたのだろうか。今までにない沈黙と静寂が延々と続いた。
ルアーはまだしも餌も反応なし。フグもたまに来る程度。
アタリがない。餌がそのままついてくる。
やっとのあたりで2chiが上げたのは変なヒトデのみ。つぎは名前のわからないカニ。

一周年記念はボウズも強烈!
これはおかしいと周りの釣り人の調査を敢行。聞けば聞くほど恐ろしい。堤防で釣れている人が
いない。イセエビ隊の人はまぁまぁのようだが魚隊のひとは絶不調。
台風一過で魚は本気で留守なのだ。

「今日もボウズだ。」
早くも職業ボウズ人になりきっている私は決心してしまった。

ボウズと思えば気が楽だ。(釣り人として間違った理屈である)
いろんなルアーを試してみよう。
おうっ!久しぶりにスキップバニーで角なんか投げてみよう。
エギングエギング。アクションが楽しい。

次元の違う楽しみに没頭し始めた私は生産性を無視した釣り人になりきっていた。

そんな中misfish-toy氏が仕事の都合で中抜け、一時帰還するとのこと。
それを機に2chiがさすがの発言。
「潮が悪いので海あきらめて鮎つり行ってきます」
さすが鮎トーナメンターの2chi!なんと前向き且つ自信みなぎる発言。
この人はネズミぶん投げて海面バチャバチャやって運動した気になっている私のようなひねくれ者とは違うのだ。根っからの狩人なのだ。エライっ!


取り残された私と四平。よくよく考えると何をしているのかわからなくなってきた。
「帰るか・・・」とつぶやいた時に四平からの電話。
「すみません。急用発生しちゃいましたので家にかえりま~す」

そうですか急用ですか。
少し帰る理由にありがたみを感じてしまう。どうしようもない「職業ボウズ人」。

その後、一人別の海を歩いてまわるも釣れる気配なし。
市場でカンパチ買って2chi宅に向かったのでした。


夜、2chi宅はにぎやかだった。
相変わらず鮎トーナメンター兼鉄人料理人の2chiの料理はピカイチだった。
鯛のすまし汁、手作りイカの塩辛、手作り漬物各種・・・そして天然鮎5匹
駐車場で炭をおこして炉端焼き的一周年記念パーティはボウズでもなんでもすべてを飲み込んで最高の夜を提供してくれた。
TEAM-魚紳 これからもよろしく

せっかいのさっかなとたたかうぞ~ち~えとゆ~きじゃまけは~せぬ~
7月19日(木) 日立沖堤防
misfish-toy・・・ボウズ
四平・・・ボウズ
baomi・・・ボウズ
2shi・・・ヒトデ、カニ、フグ、鮎5匹(那珂川)

d0078105_16362156.jpg

↑2chiがゲットした海で唯一の獲物の正体不明のカニ
 とりあえず焼いてみたが食うところなし。残念。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-07-21 07:58 |
team魚紳もめでたく一周年です。
明日はメンバーみんなで久々の釣行予定。
しばらくいけてなかったので体はうずうず状態。

待ちきれず、今朝 30分 抜け駆け 野池BASSフィッシュ しちゃいました。
d0078105_2240112.jpg


梅雨の一休み、台風もすぎて穏やかな水面・・・・

BASSつりといったら近年TOPしかやらない。
水面に「バシャ!」っと出るのがすこぶる好きなのだ!だから。

っというわけで、久々にドッグォーク(ルアーをジグザグに動かすこと)しまくりで、誘ってみました。

スイ~スイ~スイ~  stop  スイ~スイ~スイ~  stop  スイ~スイ~スイ~  stop  っと繰り返すと・・・・

きました!


「ぱしゃ!」  (バシャ!ではありませんでした)


d0078105_2247397.jpg

推定15センチ・・・ 相変わらず小さいが久々のバス楽しかったです。

その後20センチほどのバス2匹をゲット!

30分で3匹、サイズはともかくいい朝でした。

明日の一周年釣行もこの調子でいきたいものだ。

ナイスポインツ!
                                             (misfish-toy 記)
[PR]
by team-gyoshin | 2007-07-18 22:48 | 湖・沼・池
那珂湊の夕焼け・・・・  

太陽に雲がかかっていましたが、空半分を黄金色に染めていた。

僕たちにかかっているどんよりとしたボウズ雲が晴れたら

輝く未来がまっているのだと言ってくれてるようだ

晴れたらきっと・・・・  

d0078105_029345.jpg



帰り道、カーラジオから

「明日の天気をお伝えします。関東地方は前線の影響で明日から天気は下り坂。しばらくは梅雨本来のぐずついた天気がつづく見込みです。九州地方南部では一時間に80mm以上の強い雨が・・・・・・(略)」



                 ・・・・・・・・・晴れねーのかよ!!


                                              (misfish-toy 記)
[PR]
by team-gyoshin | 2007-07-04 00:34 | 雑談・その他なんでもOK
日ごろから「釣れない釣れない」と騒いでいるのに大会に出て釣れるなんて有り得ないとわかっていますが、人の気持ちとはいかにも適当なもので、「それでももし昨年釣ったのと同じようなのを釣ったら結構勝負になるでしょう!」とやっぱり楽観論が脳を支配してしまい、恥ずかしげもなく鼻息荒く勝負する気満々で参加しちゃいました。

12時の受付なので通常の出勤のように朝8:00に出発。
やる気満々の私は後悔をしないよう万全の体制を構築すべく、海までの道すがら3軒の釣り具屋に立ち寄り買い物三昧。

ああこの色持ってなかった。この大きさ切らしてた。ダウンショット用にこれも。オモリはこれで・・・。あれもこれもと買いあさり、間違いなく常軌を逸したソフトルアーお買い物客となっていました。

そんな中、このブログを読んでいただいている“GATTYO”さんが自らの釣りブログで紹介していた珍しいルアー「エコギア コイカ Lサイズ」を初めて発見。
そして、GATTYOさんは本日の釣り大会にもエントリーしているとのこと!

これはお近づきの印いいもの見っけた!と早速2袋購入。ひとつはGATTYOさん用、もうひとつは・・・

そうなんです。妄想力が強烈な私はついうっかりこの日の大会で、この珍しいイカルアーでヒラメを釣ってヒーローになることを夢見てしまっていたのです。私の悪い癖です。

そんな道草を超えて港についたのは受付時間10分前。
急いで準備をし、受付を済ませ船に乗り込み置き堤防へ。

今回のレギュレーションはおおまか以下のとおり。
●対象魚はヒラメ・マゴチ。
●場所は日立沖堤防でテトラからの釣りは禁止。
●使っていいのはエコギア・ノリーズのソフトルアー。
●キーパーサイズ35センチ以上で2匹の総重量で決勝。

イカルアーもエコギア製。パッケージ記載の対象魚にはヒラメの文字はなくマグロだとかシイラとか派手な名前ばかりだが、釣ってつれないことはないだろう。だって沖堤防には今シリヤケイカが大挙して押し寄せてきているのだから。

そんなこんなで釣り開始。GATTYOさんとも無事(!?)遭遇し、そして無事イカルアーも渡すことができました。御礼にGATTYOさん特性のブレード付ジグヘッドをいただいてしまい、恐縮の限り。本当にGATTYOさんありがとうございました。大切に使います。

d0078105_21154947.jpg

↑開会式 みんな気合入っています。

参加者の多くが真ん中付近にとどまる中、私とGATTYOさんは一路南の先端へ。偶然だが我々二人はその辺りでしかいい思いをしたことがなく、なんとGATTYOさんは先週もその辺りで50cmを上げている。私は夏にしか釣ったことがないが季節行動パターンにも問題はないのだろう。そう思ってノシノシと歩いていった。

風がかなり強くなり、着底が取りづらい。どうしても竿を下げてラインの風の抵抗を軽減しながらギリギリのアクションをつけているとルアーを泳がせる一回の距離が短くなってしまう。
これだと本当に近くの魚にしかアピールできないなぁ。とボヤきながらもなんとか集中力を維持していた。

その後ヒラメかどうか不明のアタリらしきもの一度経験するも乗せることができずに悶々とし、たくさん買っても結局そんなに使いこなせないルアーカラーバリエーションもいつもどおり2、3種類。
まったくもって精神力の乏しい自分の行動に「ルアーって釣っている時よりも買っているときに楽しいもんではないのか」と自問自答しながら時間が過ぎていった。

GATTYOさんが引っ掛けてしまった餌釣り仕掛け(根がかりで海中にゴミとなっていたもの)を手繰って海から回収するとそこにはコチのかわいいのが釣れていたり(生きていた)。
シーバスのボイルに遭遇したりといくつかの山場はあったけど、結局私の竿は根がかりとゴミと風でしかしなることはなく、この頃いつも経験しているボウズ状態に邁進してしまった。

結果ボウズ。




言い訳と言うわけではないですが・・・50人近い参加者がいてヒラメゲットは3人。マゴチゲットは0人。
メバルつりに切り替えた人。ソイを釣った人などはいたけど。結果としてはかなり激シブ。

厳しい釣りだったようです。

納竿後の表彰式では抽選会も行なわれ、みんな次々と名前が呼ばれ、ルアーや帽子やグローブなどが渡されていく中、7割の人の名前が呼ばれたところで「残念ながら終了で~す」とMCの方の声が響き、「こんな確率のくじ引きも負けてしまう私にヒラメは釣れるわけないよなぁ」とシミジミ思う私がいました。

しかし、皆さんの釣りを拝見して結構勉強になりました。
何よりGATTYOさんとお話ができたのが収穫そのもの。その造詣の深さには驚きの一言です。これからもいろいろ教えてください。

なっかなか釣れないけど、50人いてみんな釣れない。
ってそんなんで安心してしまっては行かんぞ私!と活をいれる帰り道でした。

やっぱり使わなかったよイカルアー。
と言うわけで今年の目標追加!「イカルアーでヒラメ釣る!」

d0078105_21164445.jpg

↑お土産にGATTYOさんからその日の午前中に釣り上げたシリヤケイカをいただきました。
これがなかなか旨みがつよくうまかった。
イカ釣りもやってみよう。えぎロッド買ったことだし。



ああああ さかな~つりたい゛~
[PR]
by team-gyoshin | 2007-07-02 23:08 |