チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏が過ぎようしている。
今年の夏は冗談のように暑く、そう簡単には破られまいと思われていた山形の最高気温記録を埼玉や岐阜で抜いてしまうなど、まさしく記録的猛暑だった。確か山形の記録はフェーン現象によるものだったのではないか、詳しいことは知らないがフェーン現象で一時的な記録であればまだ納得のしようもあるが、今回の記録はある種実力で獲得してしまった数値。本当に大丈夫なの?と考えてしまう。

行きつけの日立港も、どうも水温が平年より高い様子。真夏は大体22℃以下のはずなのに、今年は稀に25℃まで上がっている。我々のボウズ地獄はこのせいだと非常に都合よく責任転嫁して、今回はさらに水中の涼を求めていつもより北の港を目指した。

渡し舟に乗るのであれば「どうしても1番船」と思ってしまい4時には港に着くのだが、今回は普通に堤防からの釣り。そうなるとすぐに怠惰な性格が顔を出し、前日の夜misfish-toy氏と約束した待ち合わせ時間は現地に朝の6時。家を出発する時はまだ暗かったが、どんどん東の空は白み始め、日ごろは見ることのできない美しい色の空が刻々と変化し色あせていく。
毎度毎度のことなのだけど、このとき始めて「ああ、今が一番釣れるのかも、もっと早く出発すればよかった。早く釣り場に行かねば!」とその場ではどうしようもない阿呆なことを切実に本気で思い始める。
日ごろは使わない高速道路がその思いに拍車をかけ、理性と本能との天秤仕掛けに揺られながら始めての港に到着したのはAM5:30。「なんだ、意外と近いジャン」とうそぶきながら早速釣り人観察を開始した。

d0078105_1417769.jpg


見るからにロコ釣り師らしき人々が30人ぐらい、年配の方々だけでなく結構小・中学生のちびっ子アングラーも多い、それに気合の入っているルアーマンが5,6人。それぞれが浮きサビキとジグで青物を狙っている。ショゴか?ワカシか?サバか?しかし、あまりつれている様子は無い。
私は相変わらずのヒラメ狙いでワームを投げ始めた。堤防の外側がサーフになっており、内側は河口、ヒラメを狙うには理想的なのでは?と素人目にも見える。つり始めてすぐに目の前で青物らしきナブラがそこかしこ。
ガマンガマン
ここで揺らいではいけぬ。
ナブラは起こるが釣り人の竿はしならない。この前の日立港と一緒だ。
周りで釣れなければ我慢は簡単。己の信念は邪魔されることなくヌクヌクと竿を振らせてくれる。

し、しかし、しかしながら、沈黙は破られた。
となりオヤジがサビキでなんかすんごい突っ走る魚と格闘し始めた。オヤジはなんだか困惑気味にリールをジーコと巻いては立ち往生。おいおいそんなに走らせてはとなりの人に迷惑かけちゃうのでは、と見ているこっちがハラハラドキドキ。何が釣れたんだ??
困ったオヤジさんは勢いよく魚を引っこ抜いた。竿のしなりから見て引っこ抜くにはそろそろ限界の大きさなのでは?という状況を無視して「エイヤッ」と堤防の上に投げ出された魚体は40センチ弱のソーダガツオ!強力携帯電話バイブレーションのごとくバタバタビチビチやっている。

「ソーダかぁ」

いいなぁ ソーダかぁ 

釣ったこと無いなぁ ソーダガツオ 

・・・ 信念は砕かれた。

早速ジグを投げてるルアーマンに近寄り状況を確認。
ジグは5g以下の極小である。タックルもそれに対応してかなり、ライトなもの。
やばい。
私の持ち物にそんなライトなモノはない。性格的にゴツイモノばかりである。
無理かぁ。無理かぁ。試しに10gのジグ投げてみよう。
30分ほど頑張ってみた。
無心で投げ続けた。
隣のサビキオヤジさん軍団はうまい人で15分に一回のペースでソーダを上げ始めている。
ナブラもいい調子で起こっている。
しかし私のジグは稀に追ってくるがしかし極稀。さっきの5gルアーマンもそれから釣れている様子も無い。

これは危険だ。いつものボウズ路線にまっしぐらだ。

どうしても釣りたいのだソーダを。。。

10分後。
国道沿いの釣り道具屋まで往復しサビキとオキアミを持って戻ってきた私がいた。

ルアーマンです!と言い切っているようなフローティングベストを着たままサビキを投げている私は非常に格好悪いことに気づきまずは餌釣り師の格好に模様替え。おお今日の私は冴えている。褒めるところの無い私のくだらない“気づき”に感動し釣りを始めた。

・・・

ナブラがなくなっている。
だれも釣れていなくなっている。

逃したか・・・

と落胆し始めたところに、遅れて到着したmisfish-toy氏と五平氏が登場。
とりあえず状況はかわらないがテンションは急上昇した。

状況を説明し、楽しく新着ルアーの見せ合いをし、いつもどおりおバカまるだしハイテンション小僧になってから、再度実釣開始。

周囲の状況は打開されぬままだが、魚の気配は変わらずある。サビキのタナを変えて深みを攻めつつウキを睨む。
Misfish-toy氏はまだ砕けていない信念でヒラメ狙いでラン&ガン開始。五平はというと・・・
「ねずみを持ってきました」と言いつつ伝家の宝刀をラインに結びつけている。

おおお!バニー投げんのか? 君は。

確かに青物相手にバニーは正しすぎるほど正しいのだが、なんだか今回は初めての湊でAWAYな気分。この人たち毎日ここに来ているんだろうなぁ、という人たちは誰もバニーを投げずに静かにウキを眺めている。これで釣れなかったら俺たち浮くんじゃないのか?
そんな汚らしい大人、垢で埋もれてしまって容積が小さくなってしまった感性の大人である私の勇気の無さをひとっ飛びに飛び越えて、五平は勇敢にバニーを投げ始めた。

シュバーッ と投げて ボチャン。 一呼吸おいて バシャバシャバシャと重戦車が水面をこちらに突進してくる。
日頃自分でやっていることだが、人がやっているのを見てもやはりどこか滑稽だ。

相変わらず周りの釣り師も変化が無い。ナブラもごく稀にしか起こらない。
だめかなぁ
バニーも駄目だろうな。
残念だなぁ。

完全に空気が膠着したなか、五平の声が響いた。堤防全員の視線を感じる。
「な、なんか、ツレタァ。」
「ああああああああ あ゛~ ぁ」

なんかではない。カツオが来たのだ。
慌ててタモをもって駆けつけ弾丸のような獲物をすくう。

堤防の遠くまで出張していたmisfish-toy氏も戻ってきた。

凄いぞ五平! バニー使いだ君は。
実はこれが五平氏にとって初めての海ルアー獲物である。
感動もひとしおだろう、記念すべき時を共有できたことは嬉しいことである。
記念に手持ち写真を撮り、スカリに入れてあげた。

私同様、信念の砕けたmisfish-toy氏はバニーを投げ始めた。
相変わらず周囲に魚信は無く、静寂である。

そしてまたもや五平氏がヒット!その後すぐにmisfish-toy氏もヒット。
回遊がうまく当たると「入れ食いか?」と思われることもある状態。

凄いぞバニー。目立ってるぞバニー。カッコいい!

豪勢な水しぶきを上げて水面を滑走してくるバニーの後ろから水面ギリギリを弓角が回転して追ってくる。魚が食ってくる速度をさぐりながら調整し引いてくるとトップウォーターゲームのように水面直下からバゴッとアタックしてくるところが見える。そしてアタリに対してなかなかフッキングしてくれない。このもどかしさは面白い。そしてフッキングしたあとも結構バラシの憂き目に合う。バニーの重さが支点になってしまい、右へ左への突っ走りの際に外れてしまうこともある。

面白い。
d0078105_14195670.jpg



一瞬の狂乱を目にした周囲の釣り人たちの中にもバニーを投げる人が出てきた。
五平氏がエポックメイキングな立場になっているのである。

私もカツオにサビキをお祭りさせられ、バニーに切り替えた。
3人並んでバニーを投げていると、それぞれめいめいのタイミングで投げているのだが、ふとしたタイミングで3人同時に投げる時がある。ちょうど交差点を曲がるクルマの列のウィンカーが数台すべて同時に明滅しているように一糸乱れぬ瞬間があるのである。
同時にシュバーッとなげてボチャンと落ち、一呼吸おいてから3機ならんで水しぶきを上げてこちらに向かってくる。
なんだか戦隊ヒーローものの登場シーンのようである。
これはやはり少し恥ずかしい。

d0078105_14205640.jpg

↑小さいボディーからの鬼スプラッシュ!

そこそこ楽しんだあとにバニーにもパッタリとアタリは無くなった。
もういいか?という雰囲気のなか最後に私のバニーにショゴがかかり。だれもショゴなんて釣っていないのに意外だねぇ。なんて言いながらおのおの初心の仕掛けを変えた。

バニーをさんざん投げた後、日頃重く感じるジグヘッドもまるでフライロッドを振り回しているように頼りなく感じる。

既に時間は昼に近づき終了時間が迫ってきた。青物に満足し、今度は底モノ、とポイントを変えるために移動。
残念ながらmisfish-toy氏はタイムアップで帰路に着き、五平氏と私は残ってキャストを続けた。

相変わらずこちらは難しい。反応もあるのか無いのか、アタリなのか底の異物を小突いているのか。
疑わしい気持ちで竿を振り続ける。

さすがにもうお仕舞いかな~と思い、次が最後のキャスティング。と思い始めて3回目の時。
クククとルアーをもっていく感覚。
静かに合わせると必死の思いが続いて伝わってくる。
ヨオシヨオシ!と一気に巻き上げるが手ごたえは弱い。

バレルナ バレルナと祈りつつ水面に顔だしたマゴチに感動!
35cmと小さいマゴチだが至極感動。夏のマゴチは照りゴチとよばれ、非常に美味。という雑誌か何かで読んだ文を一人つぶやき。嬉しさを噛みしめた。

d0078105_14224490.jpg



今日は初ソーダに初マゴチ。
ボウズという沈黙が破られた!

d0078105_14235883.jpg

↑文句なし!うまかったです。
カツオは刺身も旨かったけど、ガーリックステーキにしたら最高だった。飯何杯でもイケル!
[PR]
by team-gyoshin | 2007-08-31 02:13 |
07年8月20日(月)
時間作って沖提釣行。やっと叶いました。

1番船にのりこみ沖堤防に渡り、心地よい潮風を頬に感じ、澄み気味の潮を眺めて深呼吸。
やっと来れた釣りに。万感の思いを胸に秘めつつロッドにラインを通す。
と、気がつくと見た事のある顔の男性が堤防への階段を登ってきた。
GATTYOさんである。
なんという偶然。中々来ることのできないこの頃、再度お会いするとは非常に奇遇だ。

偶然の再会に会話を始めるも朝マヅメを逃すことの方が釣り師二人にはもっとも痛い、
挨拶もそこそこ海に向かって竿を振る二人。

少し経つと青物のナブラがそこかしこで立ち始めた。ほんの数分の出来事だったが範囲は広く、海面のあらゆるところで“沸騰”が起こる。
まだ体は小さいショゴやワカシ達。おおむね25センチぐらいだろうか。
伝家の宝刀“スキップバニー”や極小ジグを投げるが食ってこない。
ボイルのど真ん中を何度もバニーを通過させても全く反応が無い。昨年はワームでうっかり釣ってしまったのに、角やジグで反応が無いとは、釣りとはやはり先が読めないものである。

青物の狂宴も数分で終了し、またもや静寂が訪れ、私はヒラメ狙いに精を出し、GATTYOさんは遠くで外洋に向かってキャストをしている。
その後、その時のGATTYOさんの行動は驚くべき内容であったことが明らかとなった。
なんと彼は鯛カブラをキャストして真鯛を狙っていたのである。しかも1匹かけたが仕掛けが壊れてバラしてしまった様子。見せてもらったカブラはボロボロになっていた。

この貪欲なまでの釣りのアイデアはどこから沸いてくるのだろう。そして結果を伴っている。すごい脳みそだ。
この時ほど釣りの技術とはこの柔軟性にあると心から思ったことはない。
問題は、程度の差はあれど、誰しも持っているその柔軟性を自分で壊さないでいられるかどうかだと思う。どうしても人は自分の型を作りたくなる。魚を釣るにもつり方や、もしくはルールなどの型で成否を判断し、釣果に対して納得するための判断基準を作りたくなる。
その人それぞれのスタイルは道を極めるひとつの道しるべにはなるが、油断をするとそのこだわりを逆手にとって釣れない言い訳にしてしまう。これがアイデアを生み出さなくなる第一段階ではないか。

先日、60歳を過ぎたある大先輩と酒を飲む機会があり、釣り師であるその人も言っていた。
彼は某超一流日本企業で一角のポジションにいた方で、非常に聡明な方だ。
彼は「釣り人にとって最も大切な条件は何か」と言う質問を私に投げかけてきた。
この抽象的な問いに私が答えを選びあぐねいていると、彼はありきたりな答えを言った。
「それは魚がいる所で釣りをするということだよ。」
最初は奥の意味を捉えきれずにいたが、その後の会話で深く噛みしめると、この言葉は私を大きく揺さぶった。
彼曰く、魚のいるところで釣りをしなければ魚は釣れない。しかし、そこを見ずに人は、釣りをし、魚が釣れない理由(言い訳)をを探すことに執着してしまい、さらに本末転倒した“釣り道”のような美学を作り出してしまうことが多く、独りよがりな釣りになりがちだ。
これには、自尊心を守るための言い訳を言っていると建設的な、創造的な発想がなくなるという意味が含まれている。
釣りをしたい。魚を釣りたい。という楽しい気持ちから始まった釣りも進んでいくうちに忘れてしまう瞬間がそこにはあるようだ。
彼曰く、この現象は企業経営でも人生感でもすべてに通じる人間の性だという。
独りよがりの釣りになってはいけない。モノに固執しすぎる釣りも良くない。というのが彼の意見だった。

GATTYOさんの変幻自在な釣りを見て、私は膠着した独りよがりな釣りに片足突っ込んでしまっているな~。とあらためて反省したのだった。


釣果はと言うと、私はそれから納竿までの約8時間、相変わらず釣れなかった。。。
GATTYOさんは恐るべし臨機応変な攻撃を続け周囲も釣果が無い中、潮の噴出口をせめてタイムアップギリギリで見事なソイを釣り上げた。
さすがの一言。ソイは本場北海道仕込のテクニックで釣り上げられたのだった。


澄みすぎている海水は釣果に響く。しかし、魚好きにはたまらない楽しさもあった。
【目撃したもの】
①コウイカの赤ちゃん群。エギを投げたら逃げられた。
②水深3mぐらい?岸壁に貼りつく50cmオーバーのクロダイ。ジグを落とし込んだが逃げられた。
③大きめカンパチ(約40cm)の超高速の群れ。ワームに反応し何度か追ってきたがバイツまで至らず。
④よくわからない熱帯魚。ヒレの長~いきれいなのが群れていた。日立では珍しくないか?
⑤サヨリと海鳥の戦い。カンパチに追われたサヨリが水面を逃げ、今度はカモメに食われそうになっていた。奴らは大変だ。



釣りは楽しく!!
お願いします!私のルアーに噛み付いて!
[PR]
by team-gyoshin | 2007-08-22 02:05 |
ほぼ末期症状になりつつある。この灼熱の毎日に陽気に釣りに行きたいのだが、様々な事情が絡み合い竿を振る時間を捻出できないでいる。

釣果情報も海中が完全に夏の世界になっていることを伝え、青物や太刀魚などの季魚たちが「今が旬だよ」と熱心に誘ってくるのである。
でも行けないのである。
末期症状は恐ろしい。あまりの苦痛に、素直に「釣りに行きたい」と思うこと自体に恐怖感が発生し、どこか心の端の方で「釣りに行きたくないと思った方が楽だよ」と倒錯した自我までが顔を出しそうな勢いだ。

これでは釣りに行けない苦痛に耐えるために、もう一人の釣り嫌いな私が生まれてしまう。

そんな中、突然と昔読んだ開高健氏の「オーパ!」が読みたくなった。
先日misfish-toy氏との会話の中で開高さんの話をしたので、その影響と思えるが、なにか渇望するように読みたいのである。
早速家の本棚をひっくり返し捜しに探すも出てこない。彼の本は十数年前に読み漁っていたのでその時代の本の箱を引っ張り出してもどこにもいない。

誰かにあげてしまったのか?売ってしまったのか?
こうなるともう我慢はしない。直感的に「オーパ!」は釣りに行けない自分への薬であると確信してしまったのである。非常に極端に結論を言うと、読まねば釣りが嫌いになってしまうかもしれない一世一代の修羅場と言えるのだ。
早速会社帰りに本屋により、2冊目の「オーパ!」を買った。

ページをめくり、最初の言葉に深くうなずいた。
学生時代はまだピンとこなかったものだ。

「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
八日間、幸せになりたかったら一頭の豚を殺して食べなさい。
永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

さらに師の本は美しい写真が続く。どれも感動的かつ示唆的なものばかり、魚の美しさには目を見張るばかり。

そして本編突入前の一言。
「何かの事情があって
野外へ出られない人、
海外へいけない人、
鳥獣虫魚の話の好きな人、
人間や議論に絶望した人、
雨の中の釣り師・・・
すべて
書斎にいるときの
私に似た人たちのために。」


おおおおお、オーパッ! 直感的にこの本を欲したのはこのためか!

釣りに行かねば!
d0078105_11165371.jpg




追伸: 夏限定で背景を変えてみました。
[PR]
by team-gyoshin | 2007-08-16 01:18 | 雑談・その他なんでもOK