チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

初心に戻り

【toy 五平】

文:五平
6月3日(水)
天候:小雨/曇り
今回のポイント:那珂川河口、大洗サーフ、那珂湊、磯崎漁港
潮状況:若潮

前回の釣行ではっきり分かったことがあります。
エサ釣りでも魚が釣れないということです。
なぜでしょうか???
と、悩み抜いた結果は初心に戻り、ルアー釣りをとことんやろう。とtoyと決めました。
そして、今回はヒラメ狙いの釣りです。

この日の満潮時が正午ぐらいだったので、Toy家に9時集合。
車に乗り込み、出発。。。さて、場所はどうしよう。。。
鹿嶋から大洗にかけてサーフで良型ヒラメが釣れている情報を元に、那珂川河口に決めた。
10時到着。サーフなら海に入らないと...。
と、意気込みサンダルへチェンジ。【→ウェダーが必要なことに気づく(手遅れ)】
那珂川河口は波が高く、ちょっと怖い。だが、行くしかない。
でも、しかし、2,3投してやっぱり無理と即断念。
アクアワールド前のサーフへ移動。
足首ぐらいまで海に入り、いざ釣り開始。お互いにハードルアーをチョイス。
投げては巻き、投げては巻きをひたすら繰り返す。が、いまいちよく分からない...。
どんな所をルアーで巻いているのか想像が出来なかった。
サーフ手強い。
時間だけが過ぎていく。釣れないと判断し、那珂湊へ移動。

那珂湊..........。
海底工事をしているのか超デカイ鉄のパイプで海水ごと吸い上げている。パイプの中を通っている石がガーンとあたりすごい音が鳴り響いている。
だが、満潮時逃せない。と、ハードルアーよりワームへ変更。
ここでも、投げては巻き・投げては巻きを繰り返すが満潮時でも釣果なし。
ん~~~~~。どうしてでしょう。とテンションがた落ち。
気晴らしにドライブがてら、海沿いを北上して良さそうなサーフ&ポイントで竿を出そうとプチ会議し車に乗り込む。
那珂湊を出る前にトイレへ行こうと、お魚市場端のトイレに寄った。
トイレ終了後、何となく岸から海を覗き込んでみると排水口に稚魚がたくさん集まっていた。
しばらく、眺めていると
「!!!!!!!」
「あぁ~~~~~~~!!!」
稚魚の下からシーバスがグワッと稚魚を捕食している。
「これだーーーーーー!!!」
と、toyは車にかけ戻りワームセットし戻ってきた途端、ポチャンとワームを落とし釣り開始。大群の下を八の字に泳がせている。
すると!!!
「追いかけて来たーーーー!!!」
「食えっっっっっ!!!」
と、だいの大人二人で叫んでいた。
周りの目も気にせず、はしゃぎすぎである。
結局、バイトすることもなく終了。北上を始めることとなった。

車の中では興奮が収まらず、ずーーーーっとシーバスの話題で持ちきり。
そのテンションのまま、鯨のダイちゃんポイントまで来た。
ダイちゃんを少し通り過ぎた頃、チョイ堤防発見。
堤防左側はサーフ、右側は岩礁体となっていた。
岩礁体側にて開始。ここでも、ハードルアーをチョイス。
投げていると藻がかかる。岩礁体側は藻が結構生えている。
「藻がどうした!!!」など言いながらキャストを繰り返すが藻には勝てなった。藻がかかりすぎると心が折れ、場所移動。
あきらめ癖がついてしまっている。
「ん~~~マズイ。」
時間も詰まってきているということで、最終目的地は磯崎漁港に決まった。
磯崎漁港に着いてみると、結構フィッシャーマンがいて堤防周りは厳しい状況。
なら、minoがヒラメを釣ったポイントへ行こう、と磯崎北側のサーフに繰り出した。
Toyはサーフから伸びる堤防へ、五平はサーフ岸辺より海に向かって。
波は穏やか。風なし。潮下がり気味。ナイスポインツである。
Toyはハードルアー(minoポインツ)でキャストを繰り返している。
五平もハードルアーをテトラ沿いに巻こうとキャストするもテトラに掛かり紛失。
テンション下がり気味。
ルアーを紛失した事により吹っ切れ、新しく買ったヒラメ用ルアー21g(シンキング)を結びつけ思いっきりフルキャストし続けた。21gということもあり以外に飛距離が出る。
何度かキャストをしていると、根がかったのか気持~ち重くなった。根がかかったのだと思いそのまま巻いてくると.....
「!!!!!!!!!!!」
「ヒラメだぁぁぁぁぁーーー!!!!」
根だとばかり思っていた感触は勘違いで、ヒラメが食い付いていたのだ。
「マジかぁぁぁぁぁぁ。」
信じられない気持ちで初めてヒラメを岸まで引き上げた。が、波間でフックから外れ
「ボチャッ」と落ちた。
「!!!!!」
「えぇ~~~~」
慌てて駆け寄り波が来る前にヒラメを掴み取った。
即効でToyに電話。
ヒラメ釣れました。と電話越しに叫び、聞いたtoyも猛ダッシュで走ってきた。
チーム始まって以来のハードヒラメ。
Toyと二人で大騒ぎ。
あえてサイズには触れないことにします。【→触れたくありません】
みなさんのご想像にお任せします。
最後の最後で釣れて良かった。
時間が来たため、本日の釣りを終了させ帰路に着きました。
帰る車の中では、五平によるヒラメ自慢が始まったことは言うまでもありません。

d0078105_14272874.jpg

↑↑↑ルアーサイズ15cmぐらい...。
d0078105_14275380.jpg

今年は釣れる年になる気がする。
予感は当たっているかもしれませんよ。 五平
[PR]
by team-gyoshin | 2009-06-26 12:58 |