チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

文:baomi

三重県のナブラは激しい。
突如としてイワシ達がキレイに跳ね始め、その後を何者かが
ボシュバシュと追い立てる。
跳ねているイワシの先頭からシンガリまでの長さがおよそ8m。茨城より迫力のあるナブラが多い!?

チラチラと見える魚はハマチと言っていいのではないの?というぐらいのサイズでそこかしこで水面を掻き分けている。

今年はどこも青物は良くないと、会う釣り人みなさん異口同音のようですが、ナブラを見ている限りそこにルアーを投入すればなんとでもなるように見える。

そこにルアーが届けば。。。
これが肝心。

少々向かい風でおよそ120m強。。。

私のテクとタックルじゃぁまったく届かない。

他の皆様も同様の様子。11ftのロッドに0.8のPEを使っている方でもギリギリ届かない。
皆さんナブラが近づくのを待ち状態であまりキャストせず待機モード。

しかし、たまにしか来ることのできない私はじっと待っているなど到底無理。
帰ったあとにマンションのベランダでウェーダーを干すのだって大変なんだ。
ナブラが立ってなくてもルアーを追うことだってよくあること。
ブレイクラインの向こうであれば数匹の魚が紛れているだろう。

一人寡黙にサーフからジグを投げます。

で、30分後に奇跡的に似ヒット。
嘘みたいに一人ヒット。

突っ走る魚との駆け引きを楽しむ余裕もなく、ぬおぬおうお~ おりおりおり~ とリールを巻いていると、
7合目まで来たところで痛恨のバラシ。
よくあるパターン。

私のヒット&バラシを見て皆さん一気にやる気モードに。
しかし私は一人岩に座って朝日を見たり、さっきまで魚の付いていたフックを見たり。
久々のしっかりとした魚の引きを味わって。なぜか私は満足気分。
その後再度挑戦するも、そこにいた全員が全て空振り。

きれいな海でサーフから遠投+トップの釣り。これ結構気持ちいい。

その後会社の後輩と近くの港で合流。
餌釣り師の彼は、その場で適当に作ったブラクリ風仕掛けにオキアミをつけてなにやらウロウロ。
私にも一緒にやろうと誘ってくれるが、私としては目の前に水深のある砂地の海がある限り、ヒラメマゴチを狙わないわけには行かないのです。

「そんなデカイルアー食うやつなんていませんよ。諦めて一緒にカサゴを狙いましょう。」

と言われても5インチのワーム以外は使わないと硬く誓って黙々とキャスト。
朝のミラクルが忘れられずに海に向かって黙黙状態だが、結局魚も黙黙状態。
私はボーズ。後輩は無数の子メジナとちょうどいい大きさのカサゴとメバルとハゼのような魚を多数ゲットして、ご満足いただいた様子でした。
d0078105_14312121.jpg



d0078105_14315287.jpg



く、くやしい~。。
[PR]
by team-gyoshin | 2009-11-23 22:29 |