チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin
8月4日(金)  日立沖堤防  晴れ 気温35度 

仕掛け ルアー  シーバスロッド9ft  スピニング +ジグ
     投げ    ぼうずのがれ
     その他  サビキ

AM4;00
気合入れて朝一番の船に乗り込み沖堤防へ。
日立の沖堤防は小学生の頃よく来たなじみの釣り場、うまくはまると爆釣するが、はまらないとどうしようもないことに・・・

やはりというか、、、まったくもってどうしようもないことになりました。。。


投げの仕掛けをセットした後に喜び勇んでルアーを投げ込む。
生まれてはじめてのシーバスロッドは今まで超柔らかトラウトロッドしか触ったことのない私には驚きの連続でした。 びっくりするぐらい飛ぶ。釣りキチ三平のキャスティング大会を思い出すぐらい遠くに飛ぶ。まっすぐ飛ぶ。シュバッというかっこいい音を出して飛ぶ。
もうこれだけで大満足、顔はニヤニヤ。 ←misfish氏とおんなじだぁ~ 

かっこつけてジギング開始。

お~っ 魚紳帽とサングラスと鬼ジギング。どっからでもかかって来いやぁ~な感じぃ!!
ぼ、ぼくは壊れてないか~?

と水面に映る自分に30分ぐらい酔っていると。なにやら投げた竿が気になり始めた。
そそくさと上げてみると。餌が全て無い。。。

これは! 間違いなくサカナの仕業だ。しっかり針を飲ませた青イソメが簡単に全てなくなるはずは無い。
次にイソメをしっかりつけて再度投入。着底後すぐに微妙なアタリ。ためしにすぐに上げてみると
あっという間に餌がなくなっている。

なんたるハヤワザ!

今度は着水同時にリールのスプールを返してフォーリング中も糸を張ってみる。
すると。。。 

プルプルと軽快な感触が伝わってきた。アジっ子、イワシっ子でありますようにと祈りつつリーリングしたが、顔を出したのはふぐっ子。体長10センチ。
d0078105_11281516.jpg
嫌な予感はし出したが、全部が全部フグというわけではないでしょう。と、なんどもトライしたが、その後は連続的にフグフグフグ。。。

かっこよく言えば フォーリング中のバイト!しかし、普通に言えば餌取りの入れ食い。。

このままでは1時間で青イソメ1パックは使い切ってしまうと思い、サビキに転向。
しかし、悪夢は続いた。今度はフグが一家で釣れてくる事態に陥った。
さらにハリスは食いちぎられる。

あああああ、フグ地獄

と落ち込む中、「そうだ、今日はシーバスロッドの初日だ。とことんルアーを楽しもう」と気分を変えてジグを投げ込む。
そして、ジグに微妙な反応が! 
今度こそ何かがつれただろう。。。と上げてみると。今度はスレで見慣れたふぐがついてきた。
なんたる屈辱。なんたるホラー。俺は呪われているのか。。。
d0078105_112947100.jpg














フグはだいぶ水面近くにいるから底ギリギリを狙いましょう。と何度か投げていると今度は突然ロッドがズシンとしなった。底ギリギリでも根掛りするほどじゃぁないのに何で?ゴミでもひっかかった?と期待せずに上げてみると今度は立派なヒトデ。あああ ルアーに飛びつくヒトデ。想像しただけでもその瞬間の映像はホラーだ。
d0078105_11314315.jpg














しかし、可能性はまだある。活性が低い時こそ私の釣りは光るものがある。冬の芦ノ湖でもバスを釣ったこともあるではないか。
そうだ。こういうときこそバスで鍛えたアンダーショット+ワームチョン掛け+鬼シェイキングだ。
フグが掛からないようにフックはランカーバス用のデカイものを装着し勝負再開。しかし、すぐにそんな子供だましではこの呪いに勝てないことに気づかせられた。

長さ9センチのワームが2、3投で3センチになって帰ってくる。
ゲーリーのカーリーテールは着底前にテールが無くなった。
d0078105_11335068.jpg















お、おそろしい。こいつらフグの仮面を被ったピラニアだ。

もうだめだ。このままでは呪いで頭がおかしくなる。もうやめよう。
今回2chiさんに教わったボウズノガレの包装に目をやるとそこには
「これでだめならとっとと帰ろう」の文字が・・・

もう一生ふぐ料理は食わないことを決心して PM14:00納竿。合掌。。。

釣果  ふぐ  30匹以上 
     ヒトデ 1匹

これってボウズ。。。ですよねぇ?
[PR]
# by team-gyoshin | 2006-08-05 08:18 |
8/3 19:00-20:00 城里の野池  天気:晴れ

仕掛け
misfish : ベイトタックル(ABU) トップウォーター(BALSA50)

今日はBaomi氏に負けず、ニューロッドを購入(きみどり色のにくいやつ ML)し、
ご機嫌にバス釣りです。夕まづめ狙いで城里町の野池へGO FISH!
ニューロッドは大き目のTOPウォータープラグ用。今日はこいつで絶対釣るぞと気合十分!
ルアーも強気のBALSA50ペンシル。さて、ロッドの使い心地は・・・・
(キャステイング&ロッドをあおる)
シャーーーーーーーー「ウォーーー超飛ぶーーーー」
スゥイーッスゥイーッスゥイーッ! 「オーーーすばらしいドッグウォーク」
これで10500円は超お得!!!!後悔なし!!すばらしすぎる!!!
という感動の連続でキャストしてドッグウォークさせるたびにニヤニヤ。
でも、あたりはさっぱり。ボイルはしているがマイBALSAには反応なし。
でかすぎるのか?まぁいいや・・・その後もロッドの感触に満足しニヤニヤ。
蚊の大群に襲われ、四足の気配にビビリつつ納竿。
今日は、、まいっか。

今日の釣果
ぼうず

d0078105_21562012.jpg
いかすタックルと
お気に入り魚紳さん
(ロッドがしなるuuuu!!)
[PR]
# by team-gyoshin | 2006-08-03 21:37 | 湖・沼・池
7/31 19:00-20:00 飯田ダム  天気:晴れ 

日も暮れた~ 那珂湊から車で2時間。渋滞に巻き込まれ散々・・・。
それでも釣り場に到着すれば、頭の中は一気に釣りモード

仕掛け
2chi   :ミノー ・クランクなどなど
misfish :トップウォーター(ZARAPUPPY と BIGBUD)

ダム湖 水面は空を映し明るく見える。美しい!いざ釣りへ
今日のルアーは蛍光ZARAPUPPY と アピール力絶大のBIGBUD
お気に入りのトップオータープラグだ。
どちらともheddon製←個人的にmisfishは大好きだ。

いつも釣果のあるワンドのポイントだが、こんなに遅く釣るのは初めてだ。
2chi 一投目 早速あたりが来たがうまくフッキングしなかった。
misfish 岸沿いをZARAPUPPYで攻める。コボッ!あたりが来たがやはりすっぽ抜けで
フッキングしない。

さらにワンドの奥へ移動

misfish 何回かあたりがあるがすっぽ抜けまくり 
      「落ち着くのだ」と自分に言い聞かせるのだが・・・
      しばし続投の後
      水面を覆う木の下に ZARAPUPPYちゃんをドッグウォークさせた
      その時!
      FI-------SH!!40UP 間違いなし----- 
      だった、はず、、なのだが目の前でばらし 無念
  

      しばし続投の後
      FI-------SH!!こんどこそ-----
      水面をバスがギルラドリング!!!ばれてたまるか-----!
      やっとゲッツ 30cm弱のぷりぷりバスでした。

本日の釣果 
ラージマウスバス 1匹(30cm弱)

LOST LURE
2chi : 4個
お気に入りのカンペイあほルアーをなくしショックの2chiであった・・・
misfishはすっぽ抜けまくりの釣りではあったがZARAPUPPYの威力に感激。
BIGBUDは出番がなくなってしまった。ルアーはいいけどまだまだ腕が
ZARAPUPPY様についていきませぬ。もっと鍛えねばとおもいつつ納竿。
d0078105_2119734.jpg
[PR]
# by team-gyoshin | 2006-08-02 21:23 | 湖・沼・池
7/31 14:00-17:00 那珂湊港内 天気 晴れ(強風uuuu!)

仕掛け
2chi  :トリック(さびき) & ぼうずのがれ(投げ) 餌(アオイソメと釣ったイワシっ子)
misfish : ぼうずのがれ(投げ)×2 餌(アオイソメと釣ったイワシっ子)

14:00 2chiにmisfish合流 2chiすでに楽釣爆釣仕掛け「トリック←商品名」で
      イワシっ子20匹程度FISH

      2chi・misfish 楽釣爆釣仕掛け「トリック」でイワシっ子数十匹FISH
      
15:00 2chi 必釣仕掛け 「ぼうずのがれ←商品名」でメゴチFISH
      
      2chi・misfish 楽釣爆釣仕掛け「トリック」でイワシっ子数十匹FISH

15:30 2chi 必殺仕掛け 「トリック←商品名」でアジっ子FISH        

16:00 misfish 必殺仕掛け 「ぼうずのがれ←商品名」でアジっ子FISH 

      トリックで釣ったイワシっ子でヒラメ狙うも掛からず。

17:00 潮もとまったので納竿   ルアーがやりたくなったので飯田ダムへバスちゃん
      に会いに向かう。→つづきは 湖・沼・池 編で・・・・・

本日の釣果

イワシっ子   約100匹(4cm)
アジっ子    4匹(7cm)
メゴチ      1匹(6cm)


d0078105_20453284.jpg
晩御飯はから揚げ!絶品!
[PR]
# by team-gyoshin | 2006-08-02 20:21 |
TEAM-魚紳に捧げるぅぅぅぅぅぅuuuuuuuuu!!!

人は誰でも 未知の世界にあこがれ
旅に出るのさ たった一人で
ときには人生 哀しみにぶつかり
ときには青春 霧の中さまよい
泣くことも あるけれど
そうさ 心の星を みつめて
旅人は 歩いてゆくだけさ

人はいつでも 未知の自然に挑んで
そして傷つき 愛を知るのさ
たとえば故郷 父母をおもって
たとえば想い出 アルバムをめくって
唇を かむけれど
そうさ 忘れた歌を さがして
旅人は 歌ってゆくだけさ

そうさ 心の星を みつめて
旅人は 歩いてゆくだけさ
d0078105_2174292.jpg

そして今日もハンドルを握り、釣りの旅へ・・・・・
[PR]
# by team-gyoshin | 2006-07-27 21:07 | 雑談・その他なんでもOK

一撃必殺 【 baomi 】

06年7月25日(火) 
天気  小雨
釣り場 あの池

AM5:15
駐車場着。運良く誰もいない。そそくさと準備をして茂みに入り込んだ。
別荘らしき入り口の民家の庭先にユンボが置いてあり庭が広がっている。人の気配が増えているなぁ。
       
AM5:25
釣行開始。小雨が降り続き、気温は20度前後。
前回、あっという間に持っていかれて悔しい思いをした伝説のルアー「山夷」を最初から投入。

1投目 反応なし
2投目 反応なし   きょうはダメか???

3投目 着水後すぐにヒット 40㎝の虹鱒
4投目 またもやすぐにヒット
5投目 やはりヒット

これではすぐにボックスがいっぱいになってしまうので、でかめのミノーにチェンジ。(これならつれないだろう)
しかし、チェンジ後2投目、3投目を連続ヒット。。。

ここで思った。
「ミノーはトリプルフックで外すのが面倒だ。せめてダブルフックのルアーに変えよう。そして今まで魚を釣ったことのないダメルアーにしよう。」
・・・このルアーは10年間1度もつれたことのないある意味伝説のルアーだ。多分大丈夫だろう。

しかし、期待は裏切られ2投目でヒットした。
そしてもうダブルフックでさえ外すのが面倒だ。スプーンでいいや。。。しかも小学生の時に買ったやつでいいや。錆がひどいがそれもまたいいだろう。

ちょっとその古さに魚も驚いたのか2匹釣るのに15分要した。

ここですでに8匹釣っていることに気づいた。釣った魚はできる限り食うのが信条。あんまり釣ってもさばくのが面倒だ。
「よし、デカミノーで最後はサイズアップを狙おう!」
       
デカミノー投入後、2投目でヒット。 
しかし、なんと、あがってきたのは25センチぐらいのスーパーで売っている鱒ぐらいの小ぶりな奴。
       
なんで10cmのミノーにこんな子供がくらいつくのだ??
昔小学生の時に読んだ「ルアー釣り入門」には鱒は自分の体調の1/3以上のものは食べないと言っていたぞ。
なんなんだお前ら!!
 
これ以上ここで釣りをしていては頭がおかしくなる。すぐにやめねば。d0078105_18172643.jpg

AM6:15
納竿
40分で9匹 半分脳みそが溶け出した。
[PR]
# by team-gyoshin | 2006-07-25 08:00 | 湖・沼・池