チーム魚紳の壮絶釣行記。釣って釣ってつりまくれ!!自然を愛し、魚を溺愛。我らサカナのストーカー。こっちを向いてくれなくても、その背びれに向かってキャスティング!


by team-gyoshin

またドライブ  【baomi】

10月21日(水)  文:baomi

先週のほんの味見程度が釣り行きたい病を加速させました。

というわけで今週もまたドライブです。
弁当作って、子供を起こして、竿を忍ばせて・・・
目指すは県南の美しい海。

前回よりキャスト時間は倍。
子供たちのおやつの時間は30分から1時間に勝手に増大。
嫁に面倒をお任せして、少しずつ車から距離をとって本格ランガン開始。

キレイな海にはイワシの群れがたんまりといますが、水面をにぎやかにする奴らは留守のようなので
怒涛のバニーちゃん三重県デビューは見送り。
あまり探してはいませんが、バニーを見かけることがないのであの小癪なファットボディをぶん投げるのは少し勇気が必要です。

砂場と岩場の間に投げ込むこと数回。
相変わらずソフトルアーは5インチしか持ってない。

何度もルアーが引っ張られます。
すこしずつ歯形も目立ってきました。
思いっきりあわせても、じっくりあわせてもフッキングしない。

これは小魚の仕業なのでしょうけどなんだかさっぱりわからない。

前回同様またもやお帰りの時間が迫ったころ、やっとのことでフッキングに成功。

上がってきたのはハタの子供22センチでした。

ワニゴチの次はハタ。なんとも南洋です。
相変わらず本命にはたどり着けませんが、しかし小さいながらも旨い魚が続いてまずは満足。

d0078105_20285819.jpg



d0078105_20293881.jpg

[PR]
by team-gyoshin | 2009-10-22 23:25 |